スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2007年04月17日

スライド載せ換え(その1)

新旧で、スライドの載せ換えは可能でしょうか?
やってみました。

スライド側がRタイプで、フレーム側がハイスペックです。
こうして見てみると、こういった2トーンカラーもありですかね。
フレーム(下側)がHW材で重く、スライド(上側)が軽量な樹脂製
なので、リコイルも軽く感じ、銃のコントロールがし易いです。
このセッティングはシューティング向きですね。
作動も問題ありません。むしろいい事の方が多いかもしれません。


Rタイプのハンマーメカだと

このように、ハンマーの位置が中途半端な位置で止まってしまいますが、


ハンマーメカがハイスペックになる事で、

このようにちゃんと落ちた位置にハンマーが来ます。


見た目だけではありません。

このように、Rタイプのブリーチはハンマーの打撃面より奥まった
所にあるので、

ちゃんとハンマーが落ちきります。つまり、ハンマーがいっぱい
マガジンのバルブを叩く、と言う事です。


通常のハイスペックスライドだと、ブリーチの位置は、

この位置です。


ブリーチの後ろが邪魔をして

ハンマーが落ちきるには、ここまでブリーチ(スライド)が前進
しなければいけません。


逆のパターン、
スライドがハイスペックで、フレーム側がRタイプの場合は、
 ↓
コチラ♪
  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(5)ガンサイト

< 2007年04>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ