2007年05月03日

バレルのHOP化

では、バレルのHOP化です。

今回使うのはWA SCW Ver.1~2用のガバメントのインナー
バレルとマルイのNEWパイソンのV字HOPパッキンです。

この組み合わせは、ガンスミスで有名な「ガンスミスエンジニア」の
Barrett石岡さんのアイデアを参考にさせて頂きました。
WAガバのVer.3が固定HOP化されるまで、「煮パッキン」には大変
お世話になりました。よく、こういったアイデアが出てくるものだと、
いつも感心しております。



このまま組むとHOPのテンションが弱くあまりHOPがかからないので、



上から、Oリングをはめてテンションを強くしています。
(理屈としてはWAパッキンの要領です)



5inc フルサイズのガバのバレルだと、このようにアウターから
飛び出してしまうので、



もったいないですけど、ちょっとだけ切断します。



こんな感じになります。


バレルの後ろにはラバーチャンバーを付けるのですが、
そのままだと、ノズルが押し出したBB弾がHOPパッキン
まで届かないので、

この、段差の部分でカットします。



カットする時に反対側からも筒状の物を入れて切断すると、
ラバーチャンバーが変形しなくて切断し易くなります。


また、

このラバーチャンバーはノズルのエアシールもかねているので、
煮たりしないで、抵抗があった方がエアー洩れがありません。



組むとこんな感じになります。
HOPパッキンの前にはバレルのブレ止めとして、適当なOリングを
はめています。



銃口側も同じようにブレ止めをします。


組み込んで、

完成!!
インナーバレルの真鍮の地が、スライドの金色の刻印と
マッチしていい感じです。


V字パッキンの上にかぶせるOリングのサイズにもよるのですが、
実射性能も驚くほどいいです。MAXI BB(0.2g)で30mは
ほぼ、フラットにもっていけたので、驚きです。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(3)ガバメント

2007年05月02日

チャンバー周り(その2)

これに、スライドの内部も連動させると、こうなります。

スライドを引くことでチャンバーが倒れ、マガジンのリップが
BB弾を離します。



スライドが戻ると、

BB弾をくわえたチャンバーも戻り始め、


スライドが完全に閉鎖すると、

シリンダーのノズルがBB弾をインナーバレルの中の
ラバーチャンバーまで押し込みます。


エアコッキングのGUNですと、マルイほどシンプルで命中率
の高い製品はないわけですが、このコクサイの製品を見てみると
20年以上前に色々試行錯誤された背景や、性能よりもその
メカメカしいギミックの動きなどに感心していまうのであります。


さて、やっと次回はバレルのHOP化です~  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)ガバメント

2007年05月01日

チャンバー周り

マガジンのリップと共にこのコクサイのガバメント
独特のシステムと言える、チャンバー周りです。

このようにスプリングのテンションでもって、常にバレル側に押さえ
付けられているのですが、スライドを引く動作と連動して可動します。



チャンバーの後ろにある「コ」の字型の金属プレートとも連動していて
この状態はスライドを引いていない状態です。マガジンのリップも
BB弾をくわえています。


スライドを引くと、

このようにチャンバーが倒れ、リップから開放されたBB弾が
チャンバーに入ります。


スライドが前に戻ると、

チャンバーも戻り始め、


スライド閉鎖と共に、

元の状態に戻ります。


別アングルから、







  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガバメント

2007年04月29日

バレル周り

インナーバレルはアルミ製ですが、

チャンバー側からただ差し込まれているだけです。
チャンバーパッキンはインナーバレルの中にはまっています。
インナーバレルがゆるまないように、セロテープが巻いてありまし
たが、20年以上前ですから、セロテープも黄色に変色し、ドロドロ
に溶けていました。


セロテープを新しく巻きなおすのもどうかと思ったので、

熱収縮チューブを用意しました。



適当な長さにカットし、このように軽く火であぶるとチューブが
収縮し、インナーバレルのゆるみ止めになります。


さて、明日は1日限定公開のコラムです。
お楽しみに~(あまり期待しないで下さいね)  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガバメント

2007年04月28日

シリンダー周り


ノズルの先端、分かりますでしょうか?
20年以上前のエアガンなのに、マルイのガスブローバックのように
ノズルの下側がカットされたデザインになっています。



ピストンは「カップ」と言うより、ゴムの塊になっています。
これで、抵抗にならないんでしょうか?


このピストンはコッキングインジケーターの役割も兼ねています。

コッキングすると、ピストンがここまで下がります。



スライドの後ろにシルバーのパーツが見えるでしょうか?



ピストンが前進している時は、このようにシルバーのパーツは
見えません。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガバメント

2007年04月27日

分解方法(その2)

さらに、スライドを分解します。



スライドの後ろにある、カバーを外すと、




シリンダー部分、バレルユニットが取り外せます。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガバメント

2007年04月26日

分解方法(その1)

まず、

スライド前方にあるスクリューを外します。


すると、

ブッシングが外れ、リコイルスプリングが出てきます。


スラドストップの軸にカバーが付いていて、

このように外すと、



スライドストップが抜けます。



スライドとフレームに分解できました。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガバメント

2007年04月25日

マガジン


マガジンはこんな感じです。45オートにしては少し細いですかね。



WAのガバのマガジンと比べてみました。
(細いし、ちっちゃ~い!)



ボトムのプレート部分にBB弾の装填口があります。



ハッチを回して引き抜くと、



BB弾(11発)が装填できます。


リップの部分も変わっていて、

普段はこのようにBB弾を押さえているのですが、
リップがスライドと連動していて、


スライドを引くと、

このようにカムの動きで1発だけチャンバーに送り込みます。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(3)ガバメント

2007年04月24日

グリップ

いや~、気づいたらいつの間にかアクセス数が1万を
超えておりました。こんな私の至らないブログをのぞいて
下さってありがとうございます。m(_ _)m

日頃の感謝の意味をこめて、プレゼントをしたいと思いマス!
これを見て、1番早くにメールを下さった方にWAのガバのパーツ
を定形外でよければお送り致します。ハンドルネームとお名前、
発送先をお知らせ下さいね。(当選は商品の発送をもってかえさせて
頂きます。何が届くのかもお楽しみに~)

ではでは、こらからもよろしくお願い致します。

グリップはパックマイヤーもどきのラバーグリップが
採用されています。メダリオンはコルトのマークですが。


しかし、グリップを外してひっくり返してみると、

以外にも、本家パックマイヤーと同じく、鉄板の上にラバー
がコーティングされています。重量もそれなりにありますね。



ちゃんと、本物のパックマイヤーを付けてみました。
問題なく付く、と言う事は他のガバメントの実銃用グリップも
そのまま付く、ということですね。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガバメント

2007年04月22日

コクサイ コルト スーパー ガバメント

その昔、コクサイが出していたエアーコッキングのガバメントです。

モデルナンバーがNo.107でスーパーガバメントとなっているので、
初代から改良されたモデルのようです。

説明書にも、
 ☆高比重新素材の導入で大幅に重量アップ
 ☆全く新しい表面処理(クリアマット仕上げ)
 ☆高精度アルミバレル
 ・・・などと、書いてありますから。



刻印部分には金色の塗料が流し込まれていて、高級感もあります。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(5)ガバメント

< 2017年03月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ