2007年07月02日

「ダイ・ハード4.0」

先週、「ザ・シューター 極大射程」を見に行ってきたばかり
ですが、内容的にちょっと?なところもありましたので、気を
取り直して、何も考えずに楽しめる映画を見に行ってきました。
今日は丁度、1日で映画が1,000円で見られる日だったので
一人で見に行ってきました。鴨葱さん、お子様が生まれたばっかり
でお忙しいですし、毎週お会いして2人の仲を奥様に疑われて
も困りますしね。



ついに、「あの男」が帰って来ましたね~。12年間ですか?
そんなブランクを感じさせないくらい今回もはちゃめちゃでしたよ、
マクレーン刑事(デカ)。

1作目の「ダイ・ハード」を劇場で見た時には、ドキモを抜かれました
ね~「こんな映画があったんだ!」と。息もつかせぬスピーディーな
展開と絶妙な複線の数々、2時間画面に釘付けでした。それまでは
そんなに映画は見るほうじゃなかったのですが、この「ダイ・ハード」
がきっかけでしょうかね、映画をよく見るようになったのは。
多い時で、月に6回くらいは劇場に足を運んで映画を見ていました。
(午前中に1本、午後にもう1本なんてはしごした事もありました。)

今回の「ダイハード・4.0」ですが1作目にあるような複線、というのは
あまりなくアクションにつぐアクションの連続です。なのでなにも考え
ずに、はらはらドキドキをたのしめますよ~。アクションのスケールも
シリーズ最大級で「そこまでやる~!?」と言いたくなるようなシーン
の連続です。こういったシーンを臨場感たっぷりに味わえるのが映画
館の醍醐味ですよね。とても家のPCやTVではこの迫力は味わえま
せんからね。

ところで今回、マクレーン刑事の娘が出てくるのですが、ホリーとの
間に子供っていたんですね。映画館とかで予告見るまで全然知り
ませんでした。マクレーンとは別居していて口を利くのも煙ったがる
娘ですが、停電で乗っていたエレベーターが途中で停まってしまう
シーンがあるのですが、警備員からの連絡で「誰に連絡をとります
か?」との問いに「父のジョン・マクレーンを」と言うあたり、普段は
ダメおやじでも、いざという時は、父の方が頼りになるのかなぁ~
と思ったりしました。
私もふだんは好きな事ばかりやっているので、いざという時、息子
が父の私を頼りにしてくれる父親にならなければいけないな~と
感じましたね。

残念ながら、髪も薄くなり、愛用の銃もベレッタM92Fから、SIG 
P220Rの.45口径に代わっておりますが、マクレーン刑事のはちゃ
めちゃぶりは今までより全然劣っていませんよ~。
シリーズ毎回恒例のクライマックスでのボスとの対決のシーンです
が、今回の最後の1発はいかに使用されるのか?是非、劇場で
ご自身の目で確かめて下さいね。

ではまた~!  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(6)映画

2007年07月01日

「ザ・シューター 極大射程」

ちょうど先週ですね、ホビサプさんでAPSを使ったイーグルアイを
行った後、急いで有楽町まで移動し鴨葱さんと映画を見てきました。

私、サスペンスものの小説は好きでして、日本でしたら横溝正史
の「金田一シリーズ」、海外でしたらP・コーンウェルの「検死官
シリーズ」などが好きですね。

だもんで、「極大射程」の小説を本屋さんでみかけた時はやっぱり
すぐ手にとりましたね。帯布にも「このミステリーがすごい!」の
1位となっていましたし、なにしろお話がスナイパーものじゃない
ですか!一気に読んでしまいました。

読み終わった後、無性にスナイパーライフルが欲しくなってAPS
-2スポーターマークⅡを買って、シェリフのパーツと、キャロット
のマクミランタイプのストックを付けて、小説に出てくるレミントンの
ライフルを1丁組み上げてしまいました。
また、この小説を読んだがために、ウィンチェスターM70への憧れ
が強くなり、K.T.W.から製作が発表されてからはイベントで試作
品が展示される度に見に行って、発売を首を長~くして待っており
ました。実際に手にしてみると見慣れたレミントンとは違う優雅な美
しさがあり、さすがライフルのなかのライフルと呼ばれるに相応しい
出来です。

私が小説を買った時には帯布のうらに「キアヌ・リーブス主演で
映画化決定!」とか書いてあったんですけど、キアヌの映画が
新しく出来るたび、全然違う映画で、極大射程の映画化は流れた
んだな~とあきらめておりました。
そしたらですね、鴨葱さんのブログで「ザ・シューター 極大射程」
の映画化の事が書いてあったので大変喜びましたよ。


映画のHP見てみたら、前売り買うとおまけ付きなので買ってき
ました。この、「特性“ライフル弾薬”チャーム」がおまけです。

パッと見は何でもないように見えますが、





実は、・・・

こんなにもちっちゃいんです!普通のフルサイズの弾薬を想像
していたので、あまりの小ささに前売り券売り場で固まってしまい
ました。

ここから先はネタばれになりますよぉ~  » 続きを読む


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(3)映画

2007年05月13日

『アンジェラ』

1年前の今日、日本で公開された映画です。

私の好きな映画監督リュック・べッソン監督の6年ぶりの新作でした。


日本公開に先立ちジャパン・プレミアがあり、監督&ヒロイン来日と
いう事もあり行ってきました。よく考えたら、2006年に映画館で観た
洋画ってこの1本だけだったかもしれません。



どんな映画かというと、パリを舞台にした48時間のラブストーリーを
光と影の表情豊かなモノクロ映像で撮った作品です。
(って、それだけ?っていうツッコミはなしで・・・)
残念ながら、銃も主人公がチンピラにからまれた時、チンピラが
持っていたか、いないかでほとんど銃は出てきません。


リュック・べッソン作品というと、『二キータ』や『レオン』などがあります
が、監督はこのところ自分の作品は撮らず、プロデュースの方に専念
しておりました。(『TAXI』シリーズや『トランスポーター』などです。)
前作の『ジャンヌ・ダルク』から6年の空白があったわけですが、今回
の監督10作目となるこの作品には非常におおきな意味合いがあり
ました。と、言うのも監督自身が以前に「10本撮ったら、映画監督を
引退する」と言っていたからです。
暖めている構想や、撮りたいものを撮る監督ですし、同じような作品
(たとえばパート2など)は撮らない監督なので、監督の去就はファン
としてはとても気になるところでした。


上映の前にゲスト来場で、1番後ろの扉からスクリーンに向かって
監督が階段を下りてきました。私はちょうど通路側の席でしたので
監督が通りすぎる時、握手して頂きました!監督は何度も来日して
おり、こういったイベントにはよく行っていたので、実は、監督に書いて
頂いたサインなんかも持っています。私の妹なんか監督に花束を
お渡しした時、手にキスしてもらいました。(ん~さすがフランス人。
普通の人がやったらただのエロジジイです)


なんだか監督、見るたびに体格がよくなっていって、今回見たらかな
りお腹もふくらんでいてクマのぬいぐるみのようでした。
でもけっこうおちゃめな監督で、会場を笑わせるマイクパフォーマンス
は相変わらず健在でした。
心配していた監督引退の話も杞憂に終わり、ホッとしました。


ヒロイン役のリー・ラスムッセン、GUCCI専属のスーパーモデルだ
そうで身長180㎝のきれいなネーちゃんでした。
ナタリー・ポートマンといい、ミラ・ジョヴォヴィッチといいどこで見つけ
て来るのでしょうね?


あっ、ナタリー・ポートマンといえば裏話があり、『レオン』のヒロインの
オーディションがあり何万人のなかから選ばれたわけですが、はじめ
違う人が候補にあがっていました。ところが、役柄の年齢よりも歳が
行き過ぎている事で採用されませんでした。その人とは、「エアロ
スミス」のスティーブン・タイラーの娘のリヴ・タイラーです。(『アルマ
ゲドン』や『ロード・オブ・ザ・リング』など)
ナタリー・ポートマンが採用された裏にはこんな事情があったんです。


監督、ヒロインの舞台挨拶の後には、映画のオマージュ・ソングを歌う
山崎まさよしの生演奏もありとても充実したジャパン・プレミアでした。


今年はもっと映画観に行けるといいな~
とりあえず、『極大射程』ですかね、鴨葱さん!?  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(4)映画

< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ