2007年04月21日

ロングピン組み込み

では実際にロングピンを組んでみましょう。

左側、シルバーのシャーシに組んだ物がタッキさんのスペシャル
ロングピンです。右側のノーマルと比べてピンの飛び出し具合が
分かるでしょうか?


こうする事によって、

ハイスペックのブリーチにハンマーが当たっても、これだけピンが
出れば、バルブを押す事が出来るので、下がRタイプのフレームでも
ハイスペックスライドを動かす事が可能になります。
作動もすこぶる快調です。ハイスッペックのVer.2~Ver.3で時たま
起こる、「ファイヤリング・プレートがすべってバルブを叩かない」、
という現象が起きないからです。


めでたし、めでたし・・・



あっ、1つだけ注意点があります。

ロングピンの種類や組み込むガバのモデルによっては、
ハンマーをハーフコック、もしくはフルコックしないと内側に飛び出た
ピンがマガジンに当たり、マガジンが入らない、なんて事もあります。
また、ピンのハンマーを叩く側があまり長すぎると、スライドが動く
時に飛び出たピンがローディングノズルやブリーチに傷を付けてしまう
事があります。
ロングピンを組み込む場合は、各自での調整が必要かもしれませんね。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)ガンサイト

< 2007年04>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ