2007年12月20日

「メガトロン」新旧対決

さて、

今回はメガトロンのロボット形態を比較してみます。

身長は倍くらい違いますね。
それよりも、旧製品のプロポーションの悪さといったら・・・。
顔はデカイし、間接の可動範囲も少ないです。
しかし、成型のもととなる「ミクロマン」のガンロボとしては、
1983年の製品ですし、GUN状態のバランスを考えると
当時の技術ではこんなものでしょうか?


サイド



後姿



体重も、

旧製品、251gに対し、


新製品は、

500g丁度と、ほぼ倍違いますね。


ミクロマンの頃は、ワルの軍団アクロイヤーをやっつける
正義の味方のハズですが、

あんまり、正義の味方っぽい顔してませんよね~
この顔じゃあ、悪の親玉「メガトロン」に選ばれるわけです。



さらにワル顔になりました~


思い起こせばガンプラも、初代から数々のバージョンUPを
へて、その当時でカッコいいとされるプロポーションで、製品が
作られてきました。2重間接などの可動範囲の広さや、変形
などのギミックも時代が進むにつれ、進化してきました。

エアガンやモデルガンはもとになる“ホンモノ”があるわけで、
メーカーはいかに、その本物に近づけるかの努力をしている
わけですが、(形状、刻印だけでなく、重さや撃ち応えなど)
エアガンも今のガスブローバックにいたるまでは、様々な
試行錯誤があり、性能こそ今の製品には及びませんが、
独特の作動方式や、内部構造があり、愛すべき製品が多々
あります。
これは、容易に誰もが簡単に実銃を手にする事が出来ない
日本だからこそ、発展した文化なのでしょうね。

一方、オモチャの世界は実物が存在しないので、“リアル”
というのもおかしいのですが、二次元のアニメの世界と、
オモチャとしての立体物の整合性をいかに折り合いをつける
かがメーカーの腕の見せ所でしょうか?
ロボットの、プロポーションに破綻をきたさない合体や、
差し替えなしの変形を目にすると、感動すら覚えます。
そんなわけで、トイガンを含め素晴らしいオモチャに
囲まれた日本に生まれてよかったなぁ、と思うこの頃です。

  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(5)ガンロボ

2007年12月19日

「トランスフォーマー」DVD発売記念

“次回からはフレーム側に移る”、
なんて言っておきながら、違うネタでスミマセン・・・。


今日は、映画「トランスフォーマー」のDVD発売
&レンタル開始の日だそうです。

なので、それを記念し、映画とは全然関係ない
のですが、以前ご紹介した「メガトロン」の新旧
対決をしたいと思います。


箱の大きさ自体はそんなに変わらないのですが、

旧タイプの方は、ロボット形態ではなくGUN状態で収納
されているので、箱の厚みは1/3くらいですかね?


比べてみました。

あまりにも、大きさが違いすぎます!
この丁度中間くらいが、実銃のサイズでしょうかね?


銃口のサイズも、

8mmと13mm。迫力が違います。


旧製品では、

モールドだったランヤードリングも、


新製品では、

ちゃんと別パーツで再現されています。


しかし、新製品の方が優れているかというと、
そうでもありません。

新製品の方は、“P.38”とあるだけですが、


旧製品の方には、

ちゃんとワルサーバナーがありました。


ロボット形態の比較はコチラです♪

  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(5)ガンロボ

2007年09月11日

武器セット その2

これこそが、メガトロンを代表する武器、融合カノン砲です。



ようするに、ワルサーP38に付いているスコープですね。


スコープのレティクルを調整するはずであるノブを、押してみると・・・


LEDにより、銃口(スコープの前方)が赤く光ります。



メガトロン関係は今回で終了になります。また機会がありましたら、
TOY製品としてのメガトロンの新旧対決など、やってみたいと思い
ます。次回からは、エアガンネタに戻りますよぉ~、よろしくお願い
しますです。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)ガンロボ

2007年09月10日

武器セット 

この、マスターピース メガトロンには武器も豊富に付いています。



劇場作品に出て来た、指向性の光熱剣、レーザーダガー。



小銃の、ブラスター。



右手首を換装させた鉄球型の、エナジーメイス。



次回は、メガトロンの代表的な武器をご紹介します。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンロボ

2007年09月09日

トランスフォ~ム!(頭部&完成です!)

伸びていた首部のフレームを、


縮めます。


背中パーツを、


後ろに倒します。


頭部を上に引っ張り上げると・・・


ついに・・・  » 続きを読む


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)ガンロボ

2007年09月08日

トランスフォ~ム!(肘関節&装甲)

たたんであった、肘関節を、


スライドさせて、


伸ばします。


引っ込んでいた装甲を、


外側に、引っ張りだします。



※お待たせいたしました!次回は変形の最終回です!  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンロボ

2007年09月07日

トランスフォ~ム!(拳)

腕部パネルが開き、


中から、


拳が出てきます。




  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンロボ

2007年09月06日

トランスフォ~ム!(上半身その2)


ダイキャスト製のフレームで支えられていた、腕と頭部が、


90度、起き上がります。


肩部の関節部分が、


ワルサーのスライドの部分に入り込み、しっかりとロックされます。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンロボ

2007年09月04日

トランスフォ~ム!(肩部)


奥に埋まっていた肩関節を、


手前に引っ張りだします。


これで、腕を上下に振る事が出来ます。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンロボ

2007年09月01日

トランスフォ~ム!(腕部)

グリップの後部が頭部になるところです。ここを外します。





スライド後部を、

2つに割ると、

腕部パーツが、

左右に開きます。



※しばらく、変形ロボットものの記事が続いておりますので、明日は
 ちょっとお休みして、エアガン関係の記事をUPしたいと思います。
 ではでは~

  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンロボ

2007年08月31日

トランスフォ~ム!(上半身)

ワルサーではスライドにあたる部分を上に持ち上げると、腹部が
出てきます。



アウターバレルを折り曲げて、

スライドさせ、

バレルを上に向けます。



胸部を90°回転し、

さらに上に引っ張ると胸部の完成です。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンロボ

2007年08月30日

トランスフォ~ム!(股関節)

下半身ですが、前垂れが出てきたり、ジョイントが縮んだりします。
股関節や膝部もそうなのですが、各関節のクリックは非常にしっかり
としています。(固いくらいです)なので、自重でフニャ~と倒れたり
潰れたりはしません。













下半身はこれで完成です。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)ガンロボ

2007年08月29日

トランスフォ~ム!(アーム)

ワルサーではレバー類にあたる部分を折りたたみます。








  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンロボ

2007年08月28日

トランスフォ~ム!(足部)

足部はちゃんと、かかと、つま先、足の甲、に分かれています。
また、ダイキャスト製でしっかりとしています。








  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)ガンロボ

2007年08月27日

トランスフォ~ム!(脚部その2)

脚部内側のパネルが開いて、足部が出てきます。











トリガーは内側に畳みます。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンロボ

2007年08月25日

トランスフォ~ム!(脚部)

ワルサーのグリップの部分に畳んで収納されていた膝部が
スライドして出てきます。




  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)ガンロボ

2007年08月24日

トランスフォ~ム!

さて、いよいよこのワルサーP38がロボットへとトランスフォーム
するわけです。
夏休みという事もあり、ブログもまっ~たりと行きますので、何卒
ご勘弁を。(変形の全プロセスをスライドショーみたいに見てみたら
パラパラまんがみたいで面白かったです。ご興味ある方は画像
全部撮っておいて見てみて下さいね。)
ではでは~




  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)ガンロボ

2007年08月23日

マスターピース

映画の『トランスフォーマー』とは直接は関係ないのですが、
トランスフォーマーを代表する悪役、破壊大帝メガトロン(初代)です。

80年代半ばに「トランスフォーマー」シリーズがデビューした時、
デストロン軍団を統べる存在として登場したのが破壊大帝メガ
トロンです。
2004年に、玩具としてのプレイバリューにアニメでもたらされた
付加要素をフィードバックさせた「マスターピース」ブランドが、
TAKARA TOMYから誕生しました。(コンボイが第一弾です)
そしてついに2007年3月、悲願であったメガトロンが商品化
されました。


かなり、デカイです。

私がグリップしても、なんとかトリガーに指が届く程度だというのに、



うちの子だと、届きませんがな!


パッケージの箱も、かなり大きいです。

タナカのルガーP08の箱と共に。



1/1サイズのルガーP08と比べると、これだけ違います。
説明書によると、“実銃の約133%で再現”とあります。
実銃サイズの方がリアルだと思うのですが、先行した「コンボイ」
と並べても違和感のないよう、サイズ設計がされたそうです。


さあ、明日からは「トランスフォ~~~ム!!」です。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(3)ガンロボ

2007年08月22日

ワルサーP38

ルガーP08をご紹介しましたので、次はワルサーP38ですかね?

んんっ!?まてよ、このワルサーなんか変だぞ・・・。



なっ、なんだこのマークは!

も、もしや

今巷で話題になってる、

映画になっちゃったりしてる、

アイツなのか?

続く・・・  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(8)ガンロボ

< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ