2007年03月17日

トリガーチューン

普通、ガバメントタイプの銃はトリガーとトリガーバーが一体に
なっており、トリガーを引くとトリガーバーが水平に移動し、
シアーを押し、ハンマーをリリースします。
ところが、.380ガバは「ミニガバ」といっても、トリガー
のシステムが他のオートと同じくトリガーピンを軸とした
振り子式になっています。

ガバ特有の「パチッ」っと切れるトリガーの感覚ではなく、
「グゥ~」という感じでしょうか?
また、カスタムガバの3ホールトリガーに見られるトリガーの
遊びを調整するアジャストスクリューがありません。


実際、.380ガバのトリガーを引き、マガジンキャッチにぶつかって
トリガーが止まるのはこの位置です。

シアーが開放されるのはこれよりも、もっと前の位置なので、
トリガーの遊びはかなりあります。


この銃で精密射撃をする人はいないと思いますが、
トリガーの切れが、いいことにこしたことはありません。


そこで、トリガーの切れが良くなるように加工します。

このようにトリガーにドリルで穴を開け、ネジきりをし、
イモネジでトリガーを調整できるようにしました。
この飛び出たイモネジがマガジンキャッチにぶつかり
トリガーが止まるわけです。


ベストな位置に調整すると、

トリガーはこの位置で止まります。
1番はじめの画像と比べてみて下さい。
ほとんどトリガーの位置が変わっていません。
それだけ遊びが無く、シアーが落ちる、ということです。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2).380ミニガバ

2007年03月16日

.380用ホルスター


実銃用のホルスターです。「ドン・ヒューム」と読むの
でしょうか?よく知らないメーカーです。
はじめすごく革が硬かったのですが、本体を
つっこんでおいて、1週間くらい放置せていたら、
革がなじんできたのか、ちょうどよい抜き具合になりました。


このように、裏にはベルトクリップが付いていますので、
コンシールド目的のインサイドパンツタイプのホルスターです。
こんなにかわいいと、ついつい持ち歩きたくなりますね。
(おい、おい、ダメだって)  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(3).380ミニガバ

2007年03月15日

実銃GUNケースと共に

「コルト」のマークがまぶしい、.380ガバ用の実銃ケースです。


ケースを開けてみると・・・


こんな感じです。
実銃用のケースなので、マガジンのリップの飛び出た所が
干渉するかなと心配でしたが、問題なく収納できます。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2).380ミニガバ

2007年03月14日

グリップ変えたはいいが・・・

木製のグリップに変えて、見た目は良くなった
のですが、グリップが非常に軽い為、
本体にマガジンを装填してもスカスカに
なってしまいました。


重さはたったのこれしかありません。



純正のメタル製グリップはこんなに重量があるのに・・・。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0).380ミニガバ

2007年03月13日

手乗りガバ

長物のレポが続いたので、今度は小さいものをひとつ。

タナカの「.380 ガバメント」のステンレスモデルです。
いや~、ほんとにちっちゃくてかわいいヤツです。
イベントでハーフシルバーの限定物が1万で売っていたのですが、
どうしてもオールシルバーのものが欲しくてがまんしました。

コンパクト系のGUNのシルバーは大好きで、タナカ純正の
木グリを着けてみました。シルバーモデルには木グリが
似合いますね。


こんなにちっちゃいミニガバでも、

うちの子が持つと、こんな感じです。
トリガーに指が届いてませ~ん。



ちなみにですね、ドラえもんも持つことは出来るかも
しれませんが、トリガーを引くことは出来ません。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(3).380ミニガバ

< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ