2007年06月04日

WAガバ シャーシの外し方

私はよく最新のSCW製品でも、ハンマーメカはRタイプの
ハンマーが直接ファイヤリングピンを叩く仕様が好きなので
スライド側はハイスペック、フレーム側はRタイプ、というのを
よく造ります。
そこで、今回はフレームからのインナーシャーシの外し方を
ご紹介したいと思います。



用意するのは精密ドライバー(マイナス)の小と中です。


まず、中をプランジャーガイドがある方に刺します。

(分かり易いように、シルバーのシャーシを使っています。)
角度はグリップと平行になるように、グリップのメスネジの根元まで
差し込ます。


次に、反対側に小を同じように差し込みます。

※ポイントはプランジャー側が先で、ドライバーも太い物を使うという
ことです。こちらを後にすると、プランジャーガイドがあることによって、
刺しにくいことと、ドライバーが細いとフレームがうまくたわんでくれな
いからです。



このように、ドライバーが逆ハの字になります。


後は、ドライバーのハの字を外に開くように力を入れつつ、ドライバー
ごと少しずつ上にひっぱり上げます。



グリップのメスネジが穴から外れるまでが大変ですが、(とくに
HW製)上から見ると、かなりフレームがたわみ「大丈夫か?」と
思いますが、根気強くがんばってみて下さい。



加工を気にしないのであれば、グリップのメスネジの上の部分を穴
から外れ易くするため、出っぱっている所をヤスリで削って斜めに
した方が外れ易いですね。

シャーシへのキズが気になるようでしたら、ドライバーの先端に
ビニールテープなどを貼ったほうがいいかもしれません。


以上、ご参考になれば幸いです~  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(3)WA 分解

< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ