2007年04月21日

ロングピン組み込み

では実際にロングピンを組んでみましょう。

左側、シルバーのシャーシに組んだ物がタッキさんのスペシャル
ロングピンです。右側のノーマルと比べてピンの飛び出し具合が
分かるでしょうか?


こうする事によって、

ハイスペックのブリーチにハンマーが当たっても、これだけピンが
出れば、バルブを押す事が出来るので、下がRタイプのフレームでも
ハイスペックスライドを動かす事が可能になります。
作動もすこぶる快調です。ハイスッペックのVer.2~Ver.3で時たま
起こる、「ファイヤリング・プレートがすべってバルブを叩かない」、
という現象が起きないからです。


めでたし、めでたし・・・



あっ、1つだけ注意点があります。

ロングピンの種類や組み込むガバのモデルによっては、
ハンマーをハーフコック、もしくはフルコックしないと内側に飛び出た
ピンがマガジンに当たり、マガジンが入らない、なんて事もあります。
また、ピンのハンマーを叩く側があまり長すぎると、スライドが動く
時に飛び出たピンがローディングノズルやブリーチに傷を付けてしまう
事があります。
ロングピンを組み込む場合は、各自での調整が必要かもしれませんね。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)ガンサイト

2007年04月19日

ロング・ファイアリング・ピン

ピンがマガジンのバルブを叩かない、と言う事は、
バルブを叩けるように長いピンがあればいい訳です。

そんないい物があるのでしょうか?あるんです!

RタイプのころのウィルソンSGシリーズには画像上にあるような
ハンマーが叩く側が長いファイアリングピンが使われていました。
ちなみに、下はノーマルのファイアリングピンです。



ピンを止めるストッパーもただの板状の物ではなく、ブロック状の
物が使われていました。
これでしたら、ハイスペックのブリーチにハンマーがぶつかっても
ピンの長さの分、バルブを押し出す事が出来ます。

ロングピンにも、色々あります。
詳しくはコチラをどうぞ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンサイト

2007年04月18日

スライド載せ換え(その2)

今度は、スライド側がハイスペックで、フレーム側がRタイプです。

このようになります。
しかし、この組み合わせでは作動しません。どうしてでしょうか?


ハンマーが落ちている位置はこの位置です。


スライドを取ってみると、

このようにブリーチの背にハンマーの打撃面がぶつかっていて、
これ以上ハンマーは前に進めません。

さらに、ブリーチを取ってみると、

ハンマーの位置はここ。

別アングルから見ても分かるように、この位置ではハンマーが
ファイアリングピンを全く押し出していないので、マガジンのバルブ
を叩けない、と言う事なんです。


では、いったいどうすれば作動するのでしょう?
続く・・・
  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンサイト

2007年04月17日

スライド載せ換え(その1)

新旧で、スライドの載せ換えは可能でしょうか?
やってみました。

スライド側がRタイプで、フレーム側がハイスペックです。
こうして見てみると、こういった2トーンカラーもありですかね。
フレーム(下側)がHW材で重く、スライド(上側)が軽量な樹脂製
なので、リコイルも軽く感じ、銃のコントロールがし易いです。
このセッティングはシューティング向きですね。
作動も問題ありません。むしろいい事の方が多いかもしれません。


Rタイプのハンマーメカだと

このように、ハンマーの位置が中途半端な位置で止まってしまいますが、


ハンマーメカがハイスペックになる事で、

このようにちゃんと落ちた位置にハンマーが来ます。


見た目だけではありません。

このように、Rタイプのブリーチはハンマーの打撃面より奥まった
所にあるので、

ちゃんとハンマーが落ちきります。つまり、ハンマーがいっぱい
マガジンのバルブを叩く、と言う事です。


通常のハイスペックスライドだと、ブリーチの位置は、

この位置です。


ブリーチの後ろが邪魔をして

ハンマーが落ちきるには、ここまでブリーチ(スライド)が前進
しなければいけません。


逆のパターン、
スライドがハイスペックで、フレーム側がRタイプの場合は、
 ↓
コチラ♪
  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(5)ガンサイト

2007年04月15日

組み込み完了!


シルバーのブリーチを組むだけで、ハンマーを起こすと
スライドとの統一感が出て、こんなに綺麗に栄えます。



ハンマーを戻しても、ストラットがシルバーなので、
違和感がありません。



あぁ・・・、しかし、

こんな事をしても銃自体の性能がUPしているわけではなく、
見栄えがよくなるだけなので、意味があるのかどうなのか・・・。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンサイト

2007年04月14日

他のシルバーパーツ

他には、

ハンマーのストラットもWA純正のシルバーのものに
換えてみました。ウィルソンチャンピオンシップなどに採用されている
軽量なハンマーストラットです。


それと、

プランジャーもガンサイト純正はブラックのものでしたので、
シルバーのプランジャーに換えました。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンサイト

2007年04月13日

重さがこんなにも違うんです

さて、それぞれシルバーのブリーチを組んでみましたが、

ハイスペックはHW製スライドですから、大体どのモデル
でもこんなものではないでしょうか?


それにくらべ、ジュラルミンのブリーチを組んだRタイプは、

ほぼ、半分の重さになります。WA特有のハードなリコイルは
なくなりますが、その分コントロールがし易くなり、ブローバック
のスピードも速くなるので、シューティングなどに向いている
のではないでしょうか?  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)ガンサイト

2007年04月11日

シルバーモデルなのに・・・

ガンサイトで、少し気になる所があります。
シルバーモデルをグリップした時、スライドが
シルバーなのにブリーチが黒だと気になりませんか?
(私だけでしょうか?)
Rタイプの頃はしかたないとして、ハイスペックに
なってからはモデルによってはスライドの色に
合わせて、ちゃんとブリーチも同じシルバーの
ものもあります。実際私のオフィサーズのシルバー
はそうでした。

新ガンサイトのシルバーモデルはスライドとフレーム
の色に合わせて、アウターバレル、チャンバーカバー、
トリガー以外のパーツは全て同じ色で塗装されています。
よって、とても統一感のある仕上がりで、いい出来です。
ここはとことんシルバーにこだわってみましょう。




それぞれ、スライドからブリーチを外しシルバーの
ブリーチに取り替えてしまいましょう。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンサイト

2007年04月10日

ハウジング比較

グリップなんですが、フロントはチェッカリングではなく
どちらのモデルも縦のセレーションですが、

メインスプリングハウジングは旧タイプの縦のセレーション
に対し、新タイプではチェッカリングになっています。

内部のパーツにも変更があります。

旧タイプは長いスプリング、新タイプは短いスプリングと
なっています。取説をみてみると、パーツナンバーは
変わってないのですが、呼び方がRタイプの「メインスプリング」
から、ハイスペックでは「ハンマースプリング」に変わりましたね。


キャップも変わっています。

Rタイプのものは普通、シルバーのものを使用していますが、
旧ガンサイトでは、コマンダーに採用されている真鍮製の金色
のものが使われています。ストラットを受けるお皿の深さは
めちゃくちゃ深いです。

これに対し、ハイスペックの新タイプではお皿が浅いものに
なっていますね。

スプリングが短く、キャップが浅い→ハイスペック
スプリングが長く、キャップが深い→Rタイプ

理屈では重い真鍮製のキャップよりも、シルバーの方が
軽いので、ハンマーの戻りは速いはずですが、
作動(ハンマーのテンション)的にはどちらも同じようで、
どちらが強くてどちらが弱い、といった感じはありませんね。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンサイト

2007年04月09日

ハンマー比較

旧タイプはこのように

ハンマーのホールの形状がマコーミック(キンバー)
タイプになっています。WA純正パーツでもこの
ホールの形状のモデルは少なく、V12ギルテッドや
V12ブレイカーくらいしか思い当たらないですが、
他にありましたでしょうか?


それに対し、

新タイプはウィルソンタイプのホール形状です。
はたして実銃はどうなんでしょうかね?


ハウジングの比較はコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(3)ガンサイト

2007年04月08日

グリップ比較


新ガンサイトの売りと言ってもよいココボログリップです。
シットリとした質感で、ほんのりとチョコレートのような
香りもします。
非常に薄く出来ていて、グリップスクリューのお皿やスリーブなども
特別な薄いものが採用されています。グリップスクリューの長さも
違いますね。



こんなに違います。



さすがにこれだけ薄いとウェイトを入れるスペースなんて
ありません。しかしこれだけ薄いにもかかわらず、アンビセフティー
用の溝が彫ってあります。



スクリューを受ける部分も加工されています。
ここまで薄く削らないとグリップから飛び出してしまいます。



こんなに違うんです。



プランジャーガイドよりも薄いグリップです。
今までこんなに薄いグリップがあったでしょうか?



別アングルから。


ハンマーの比較はコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(4)ガンサイト

2007年04月07日

トリガー比較

先日、初めてトラックバックして頂きましたが、GUN関係ではなく
ルイ・ヴィトン専門店からでした。これって喜んでいいのか、
どうしたもんでしょう?


それではトリガーの比較です。

旧タイプは何の変哲も無いトリガーに見えますが、
ちゃんとスクリューで遊びを調整できます。
残念なのが、トリガーガード内側のバリの処理を
してないことです。ウィルソンなどもそうですが、
大概メッキモデルのトリガーガード内側って、
バリが残ったままメッキがかかっていますよね。


新タイプです。

トリガーのサイズがリアルサイズの長さの長いもの
になり、トリガーの飛び出している量も旧タイプと比べ
多くなっています。こちらもスクリューで遊びを調整できます。


グリップの比較はコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(3)ガンサイト

2007年04月06日

ガンサイトのサイト比較


新タイプではリアサイトもリアルサイズの
大きなものになっていますね。

旧タイプは形こそ小さいですが、サイトを留める
スクリューはダミーではなく、このネジでブリーチ
をスライドに固定しています。



フロントサイトの形状も違いますね。


トリガーの比較はコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンサイト

2007年04月05日

リコイルスプリングプラグ比較

旧タイプはこれ、材質はステンレスでしょうか?
削りだしで造ってあります。

新タイプは基がブラックモデルなのですね。
その上に塗装されています。
フレームとこすれるため、もうすでに塗装が剥がれています。


サイトの比較はコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)ガンサイト

2007年04月04日

バレル比較

ガンサイトに限った事ではないのですが、
最近のWAのガバのバレルって、ブッシングと
同じ幅くらい飛び出ているモデルが多いですよね。

旧タイプでは、バレルのクラウン部分が少し出ている
くらいです。



アウターバレルの長さはそんなに違わないのですが
それでも、新タイプは長いですね。


プラグの比較はコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンサイト

2007年04月03日

スライド比較

スライドの比較をしてみましょう

新タイプはHW製の重量のあるもので、シルバーの塗装
です。ただの白っぽいシルバーではなくゴールドマッチⅡ
のような深みのあるシルバーです。

旧タイプはスライドは衝撃に強いとされる「マルチロン」という
素材を使っており、その上にシルバーのメッキがかかっています。
そうそう、ハイスペック化に伴いメッキ製品のガバも
今ではほとんど見られなくなりましたね。

この「マルチロン」という素材がけっこうくせ者なんです。
シルバーモデルはメッキなのでまだいいですが、
ブラックモデルは塗装がポロポロ剥がれてくる、といった
現象が起きるそうです。
衝撃に強い、と共に自己潤滑の機能もあるみたいで、
塗幕と素材の間にオイル分が入り込むと、こういった
症状が起きるようです。



刻印などはほとんど同じなのですが、前後の
セレーションが細かいものから、太いものに変わっています。



また、ダストカバーの先端のエッジが旧タイプでは面取りされている
のですが、新タイプではシャープなままです。


バレルの比較はコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)ガンサイト

2007年04月02日

WA ガンサイト 新旧対決!

WAからガンサイトピストルが発売されました。
私の好きなモデルの1つで、カスタムガンとしての
派手さはあまりありませんが、さり気ないパーツの
加減などが気に入っています。

と、その前に、コンバットシューティングの神様で、
アリゾナにあるガンサイトの創始者、2006年
9月25日に亡くなられた「ジェフ・クーパー」さんに
1分間の黙祷~~~!


(1分たちました?じゃ、ぼちぼちいきますか)


思い返してみたら、最近買っているマグナブローバック
はJアーモリーばっかりで、WAウエスタンアームズとしての
製品を新品で購入するのはとても久しぶりでした。
(マグナテックのオフィサーズ以来かな?)

2003年に発売されたRタイプのガンサイトも
持っているので、新旧ガンサイトを比べてみたいと
思います。

旧タイプはRタイプとして発売されたガバメントとしては
最後の製品の部類になります。ここらへんを最後に
WAのガバメントはハイスペックへと移行していきます。

Rタイプの撃ち応えは重く、「ドッコ~ン」といった
リコイルなのですが、この旧タイプはスライドが
「マルチロン」という樹脂製のため、リコイルも
キビキビしたものになっています。

新タイプはHW製で、ハイスペックならではの
シャープなリコイルが魅力ですね。


スライドの比較はコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)ガンサイト

< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ