2008年01月15日

子連れ流 収納BOX

あ~、さて、
GUN本体などは、箱に入れたまま保管や、本棚やガラス
ケースの空いたところなどに飾ったりしているのですが、
予備のパーツやカスタムパーツ(もしくは組み替えて残った
純正パーツ)などの保管は、皆さんどのようにされていますか?
好きな銃ほど、パーツの量も多いんじゃないでしょうか。


こちら、

どこにでもある、普通の3段BOXなのですが、


1番上のBOXを開けてみると・・・、



「ジャジャァ~ン!」

全て、ガスガンのマガジンになります。
これ見て、どれがどの銃のマガジンかわかったら、かなりの
通ですね。銃ごとにマガジンを保管するのもいいのですが、
予備マグとかもあり、撃つたびにいちいち箱から出すのも
めんどうなので、一括してまとめてあります。

この、“まとめて保管”にはもうひとつ理由があります。
画像ではわからないと思いますが、マガジンの下に、BOXと
同じ大きさのアルミの板が敷いてあり、その板裏には小動物
用(ハムスターなど)の電気ヒーターが貼り付けてあります。
コードをコンセントに差し込むだけで、ヒーターが暖まります。
小動物用なので、そんなに高温にはならないのですが、
アルミの板を触ると、ほんのりと温かいです。
もうお分かりですね?冬場などガスガンのマガジンはかなり
冷たく、適度に暖めないと生ガスを吹いたり、発射できない
ので、ヒーターによってある程度冷たくならないようにしている
訳です。


さて、2段めはというと・・・、



チャック付きの透明なビニールのパックが入っています。



このように、

機種ごとにラベルを付けて、そのモデルのパーツを保管して
います。


これは、

KSCのクーガー、


これは、

タナカのSIGシリーズですね。

「アンクル新宿店」さん、というショップがありまして、モデル
ガンやエアガンの中古品なども販売しています。程度のいい
ものは綺麗に箱に入って売られているのですが、なかには
箱なしの本体のみのモデルもあります。
お店に入ると、正面に箱が置いてあって、そのなかに透明な
ビニールのパックに入った中古のGUNがいくつもあります。
この、アンクルさんの中古GUNをまねて、パーツを収納して
います。


1番下の段も、



やはり、同じように機種ごとにパーツをまとめてあります。

透明で中身が確認できますし、チャックが付いているので、
小さなパーツをなくす心配もありません。
そしてなによりも、100円ショップなどで、手軽に入手
できるので、この収納方法はお勧めです~♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(9)秘密の部屋

2008年01月14日

実銃用GUNロッカー その2

やっとこ、ロッカーの扉が開きました。

なかはこんな感じになっています。


ドアノブの裏はこのようになっていて、

カギでロックするだけでなく、


扉の上と、



下に、

つっかえ棒が出て、扉を確実にロックします。


また、

銃を立てかけた時に、丁度トリガーガードの位置に金属製の
チェーンをかけてダイヤルキーでロックするようになっています。


実銃用ですが、

今ではこんな感じで私が長物を収納しています♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(6)秘密の部屋

2008年01月13日

実銃用GUNロッカー

私がまだ小さい頃(保育園のころでした)、オヤジが空気銃を
所持しておりました。ホントかどうか分かりませんが、庭に
ねずみが出るのでそれを退治するために持っていたとか?

当時ある事件がありました。私は忘れもしません。
ある日、庭の端っこにマッチの箱を立てて、それを的にして
オヤジが空気銃を撃っていました。
そのころ、私の1番のお気に入りは「ゴレンジャー」の「アオ
レンジャー」のソフビの人形で、どこに行くにも持って歩いて
いました。
私は軽~い気持ちで、「コレ、的にして撃ってみて」、と言った
わけです。距離にして10mちょとでしょうか?石の上にアオ
レンジャーがちょこんと置かれました。

オヤジがスコープ越しに、狙います。

どんな音かは忘れましたが、発射音がして、アオレンジャーが
倒れました。私はアオレンジャーを取りにいったのですが、
倒れたアオレンジャーを見て動きが止まってしまいました。

・・・!

言葉も出ませんでした。
私が見たものは、胴体に大きな穴のあいた、アオレンジャーの
骸でした。私としては、弾が当たって、倒れる、くらいにしか
思っていなかったのでこの結果には大変驚きました。自分の方
から「的にして」と言った手前、オヤジを責めることもできず、
なんとも言えない、やりきれない気持ちでその場をあとにしました。
この時でしょうね、小さいながらにも、「銃」というものが持つ
威力の凄さと怖さを知ったのは。

そんな、おっそろしいモンですから当然、収納や管理はしっかり
としなければなりません。その後、オヤジが更新をしなかったので、
空気銃は返却したのですが、当時保管していた、ガンロッカーを
何年か前に、倉庫で発見しました。

それが、こちらになります。
ものとしては古いものですが、かなりきれいな状態で保管
されていました。


このラベルが、

メーカーかなにかなのでしょうか?(まったくわかりませんが)


扉を開けようと思っても、

そのままでは開きません。


鍵穴にカギをさして、

カギを回しますが、


それでも、まだ開きません。



カギをさしっぱなしにして、



この白いレバーを上に押し上げながら、扉を引くと、

やっと開けることが出来ます。

手間がっかってやれやれ、ですが、アブナイものが入っている
のですから、簡単に取り出せるようではいけない、ということ
なのでしょうね。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)秘密の部屋

2008年01月12日

SENNHEISER(ゼンハイザー) HD414

今回は、GUN&ミリタリーどころか、ガンダムともまったく
関係のないネタですみません。
情報提供して下さった、Rタイプのレッドさんに感謝の意を
表して記事にしたいと思います。

皆さん、SENNHEISER(ゼンハイザー)というドイツのメーカー、
知っていますでしょうか?


そのゼンハイザーのヘッドホン「HD414」が今回ご紹介する
ものです。

オーディオ関係の機器は良いものですと、ウン10万~
何100万というお金がかかるそうですが、私はオーディオに
関しては全くの素人で知識も何もありません。

では、そんな私が何故ドイツのメーカーのヘッドホンを愛用
しているかと言うと、私の好きなカワイイ女の子が、これと
全く同じものを使っていたからです。

・・・、ただそれだけなんです。(恥)


私の好きな音楽家に、クラシックギタリストの「村治佳織」
というカワイ子ちゃんがいます。簡単にご紹介いたしますと、
3歳でギターを始め、数々の賞で優勝、15歳でCDデビュー、
クラシック界で1年間で1番売れたアルバムに選ばれた
こともあります。
とてもギターとは思えない繊細で美しい音色を奏でる、
かと思えば、情熱的な演奏で聴くものを魅了します。
そんな彼女が、高校卒業後、留学していたパリで使用して
いたのが、このヘッドホン、「ゼンハイザー HD414」
なのです!

留学時の模様は銀座の山野楽器などで配布される小冊子に
ときどき掲載されていましたが、それとは別に彼女は普通の
男性雑誌に見開きのカラー写真付き!で、コラムを掲載して
おりました。そこで、見かけたのがこのヘッドホンなのです。

もう10年以上も前の事ですから、今みたいにPCもインター
ネットも経験していない時ですから、それこそ秋葉原の
電気屋さんを片っ端から探しまくりましたよ~。
1967年に発売された世界初のオープンエアー型ヘッドホンで、
その復刻版として限定で発売されたのがこのモデルになります。


ぱっと見はシンプルすぎて、子供が冬にする耳あてにしか
見えませんし、

このように簡単にヘッドバンドが外れます。


そのヘッドバンドには、

創設者、ゼンハイザー博士のサイン(たぶん?)が。


特徴的な黄色のイヤーパッドを外すと、

本体はこうなっています。
実際に使用した感じはどうなのかというと、比べたのがソニー
のヘッドホンだけなのですが、ソニーはどちらかというと低音が
強調されていて、ずっしりとした音に聞こえるのですが、この
ヘッドホンはどの音も自然というか、フラットに違和感なく「スゥ~」
っと耳に馴染む気がします。


とりあえず、ここまでは分解してみました。

なんΩとか、周波数帯域ナンチャラとか、専門的なことは
分かりませんからね~


1番の特徴である黄色のイヤーパッドですが、ただのスポンジ
で出来ています。なので、使用して年数が経てば、当然劣化
します。

10年前にHD414を入手してから、電気屋さんでたまたま
補修パーツとして、イヤーパッドを見つけました。次はいつ
入手出来るか分からないと思ったので、あるだけ全部買い
占めました。と、言ってもたった数組程度ですので、大事に
大事にとっておいて数年に1回、交換するくらいでした。
年末年始に、実家に帰った時にカバンに真っ先にしまった
のがこのスペアのイヤーパッドでした。しかし、スペアもこれ
を含めてあと2組しかありません。

・・・、ずっと愛用してきたけど、この2組がボロボロになったら
このヘッドホンも終わりかなぁ・・・、とあきらめていました。

そんな時、先日、今年初のRタイプ掲示板のチャットをしまして、
タッキさん、レッドさん、らんぽうさんとチャットをしておりました。
そして、チャット中にレッドさんもゼンハイザーのヘッドホンを
愛用と判明、「HD414の補修パーツ、まだ販売してますよ」
との情報を頂きました。レッドさん、ありがとうございます!!
なかばあきらめていただけに、とてもうれしかったです。
それにしても、30年も40年も前の製品の補修パーツがまだ
作られているというのは、すごいことですね!
早速、何組か注文しました~♪


使用前、使用後です。

もとは、まったく同じものですよ!


新品と取替えました!

スゥ、スバラシィ~、見違えますね!


新しい耳あてになって、うちの子も喜んでいます。

(※↑これは正しい使い方ではありません)


これが正しい使い方です♪



残念ながら、まだコンサートなどで実際に「村治佳織」さんの
演奏は聴いた事がないのですが、お会いできて花束なんかを
お渡しする時に、このヘッドホンにサイン頂けたらなぁ~、
なんて思っております。

夢ですけどね・・・  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(4)秘密の部屋

2008年01月11日

U.N.T. M71A1

さて、
「ミリブロなのに、GUNがちっとも出てこんのぉ~」、と
嘆きの声が聞こえてきそうですので、GUNの記事もUP
しないといけませんかね?

画像見ないで、このタイトル(モデル名)だけでこの銃
が分かる方は、よっぽど好きな方ですね。

U.N.T. M71A1って言われても分かりませんよね。


正式名称は、

「連邦軍制式拳銃」です。

「なんだぁ~、やっぱりガンダムかよ~」
(スミマセン、でもお好きな方にはたまらないと思いますので・・・)


ご覧のように、

ガレージキットでして、製造は大日本技研になります。


説明書にもあるように、

マルゼンのガスブローバックのワルサーPPK/Sを組むように
出来ています。


弾を発射しないで、ディスプレイモデルにする時は、

画像中央のフレーム芯を使用します。


このモデルもやはり版権の問題で、

製造数が決まっていますので、シリアルナンバー入りです。
トイガン関係のイベントではまずお目にかかることはなく、
ガンダム関係のイベントでないと、発売されません。

これも、随分前にイベントで購入したものですが、結局、
組み込むことなく、そのまんまです。

虚空弾道さん、妄想銃でなく、こんな空想銃とかもご興味
おありでしょうかねぇ?  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(10)秘密の部屋

2008年01月10日

シャア専用?・・・

赤いからと言って、

全ての赤いものが、シャア専用というわけではありませんし、
このジーンズにしても、はいたからといって3倍カッコよく見える
訳ではないですし、(むしろ恥ずかしい?)足が長く見える訳
でもありません。


しかし、

細かいところを、よ~く見てみると、どうやらただの赤いジーンズ
ではないようですよ。


リベット、

こ、この文字は!


ボタン、

こ、この紋章は!


フラッグの赤タブも、

おおぉ~!


そして、
皮パッチ(レザータグ)、

これが1番笑えます(笑)
ジオニック社が作ると、ジーンズもこうなるんですかね?


そしてこんな物も・・・  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(8)秘密の部屋

2008年01月09日

「あれは いいものだ・・・」

ガンダム関係で、ちょっと変わったものをご紹介しましょう。

マ・クベ大佐でお馴染みの、アノ壺です。


本物の焼き物ですよぉ~!

しかも、1/1 スケール!
陶磁の町、有田で原型から焼成までおこなった中国古磁器の
レプリカになります。


作品中のイメージを可能な限り再現してあり、

細かいところもよく出来ています。


本物の磁器で、

1300℃で焼結している為、通常に使用できます。


実はコレ、

夏のイベント「C3」かなんかで購入したものです。
こういった版権のからむものは、イベントなんかでないと、
購入できません。


それでは、お約束の、

あれをやってみましょうかねぇ?


「チィ~ン!」

んん~ん、いい音です。

「ウラガン、あれは いいものだ・・・」


こんな物もあります・・・  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(6)秘密の部屋

2008年01月08日

デンドロビウム製作記

さんじさんが、とぉっても気になる、

1/144スケールのガンプラ、「デンドロビウム」をご紹介します。
ガンプラ史上最大の大きさと言っていいプラモデルです。
箱の状態で、確か4~5kgくらいはあったと思います。


実際に組む前に、

記念撮影をしました。こんな大掛かりなキットを組むのは初めて
ですからね。全パーツです。


メガ・ビーム砲



大型ビームサーベル&大型スラスター



コンテナ、「ハッチオープン!」



I フィールド ジェネレーター



箱はこんなにデカイのに、

本体のガンダムはこんなもんですよ。(ちっちゃい!)


祝!完成で~す。

子供ができる前でしたしね、これから先、こんな大きな
プラモを作る機会はもう2度とないでしょうね・・・。


変わった物もあります・・・  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(6)秘密の部屋

2008年01月06日

子連れ狼とガンダム部屋

こちら、

ガンダムコーナー?になりますかね。
ガラスケースのなかに、色々とありますが・・・、


私の1番好きなモビルスーツはと言うと、

「百式」になります。
なので、こちら、百式コーナー、とでも言えばいいのでしょうか?
名前の百式にちなんで、百式グッズが100個あります!
ヘルメットから、ジッポー、コースターなんかもあります。
白いTシャツは、映画版「電車男」で主人公が着ていましたね。
画像にはないですが、私のPS2は金色の「百式ゴールドパック」
です。


グリプス戦役にちなんで、

ハマーン様のキュベレイも、いくつかあります。


こちらの棚は、

上の段が、ガンダムではないですが、同じくらいに好きな、
「超獣機神ダンクーガ」グッズ、
中の段が、シャアの乗ったMS関係、
下の段はその他?になります。


レアものかどうかは、分かりませんが、

イベントなど限定のプラモになります。


プラモ、作ってみましたぁ~♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(7)秘密の部屋

2008年01月05日

子連れ狼と秘密の部屋 その2

こちら、

子連れ部屋の本棚になります。
SFものやサスペンスの小説や、ガンダム&GUN関係の書籍
が収納されています。
さんじさんが気になる、ビグザム、ビグロ、ザクレロ、なんかは
全て、M.I.A.!の製品になります。


ほとんど使われたことのない、FSBEが泣いていますね・・・

ガンダム関係の書籍ですと、「初代ガンダム」放送当時の
初版本などがあり、「台本全記録」や、「記録全集」などが
あります。「ガンダムオフィシャル」もありますよぉ~

GUN関係の書籍は、自分の好きな実銃の記事が載っている
「GUN誌」や、カスタムの参考にしていた「アームズマガジン」
などがあります。


こちらのガラスケースの中には、

ガンプラや食玩のおまけなど、ガンダムグッズが珍列?
されていま~す♪
さらに、詳しくは、次回。

 「キミは刻の涙をみる・・・」


続きはコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(8)秘密の部屋

2008年01月04日

子連れ狼と秘密の部屋

皆様、
あらためまして、明けましておめでとうございます!


この度、私、子連れは約2年ぶりくらいにお休みを頂きまして、
実家に帰ってまいりました。
無事に戻ってきまして、本日も仕事をしておりました。
新年のご挨拶、コメントやメッセージへのお返事が遅くなり
ましたことを、お詫び申し上げます。

さて、
帰る日の前日にうちの子が腸炎になりまして、私は仕事だっ
たので、現場は目撃していないのですが、それは滝のように
止め処もなくおなかの中のものを吐き出したそうです。
相当スゴイ量だったらしく、じゅうたんも座布団も使い物に
ならないくらいの吐き方だったそうです。
うちのオヤジも、孫に会えるのを楽しみにしておりましたが、
さすがにこの状況では、ねぇ。

次の日のお昼過ぎには随分と調子もよくなったので、私1人
で実家に帰る事になりました。


「イエ~ィ!!」

具合の悪いうちの子と面倒をみているカミさんには悪いと
思いますが、久々に1人を満喫しているところ。
2年ぶりの雪で~す。(ちなみにココは郊外なので、実家は
こんなに雪はありませんでした。)


久々に再会した、

地元のサバゲメンバーの家で、年越し鍋をやっているところ
です。

 「子連れさぁ~ん、いつこっちに帰ってくるんスかぁ~?」
 
 「? いつって、言われてもね・・・」

 「帰ってきて、サバゲやりましょうよ~」

 「ゲームやりたいのは、やまやまなんだけどねぇ・・・」

 「・・・、でもサバゲは出来なかったけど、東京で、
 いろんな方達と、お知り合いや、お友達になれて
 とても楽しい1年だったよ~!」

 「そ~なンすかぁ~?」

 ・・・、

 ん、なかんじで、夜は深まっていくのでありました。


さて、さて、
実家の自分の部屋に帰るのも2年ぶり。
全然、変わってなかったです(って、当たり前か!)

と、いうことで、

ほんぽう初公開の、子連れ部屋です~♪


男の部屋なんか見ても、

なぁ~んも楽しくないかとは思いますが、GUN好き&
ガンダム好きにはたまらない部屋だそうですよ。
(サバゲメンバー曰く)
次はいつ帰れるか分かりませんし、せっかくですので、
ご紹介致しますね♪

ネタように、あれこれ画像も撮って来ました。
その数、750枚!(使えるかどうかは、わかりませんが・・・)
1000枚を目指したのですが、ただ撮るだけでなく、分解や
組み立てしながら撮っていたら、思うほど撮影できません
でした・・・。
こちらの方は、そのうちご紹介しますね。

では、今年もよろしくお願い致します~!


続きはコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(8)秘密の部屋

< 2017年03月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ