スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2007年12月09日

世田谷カスタムワークスへの道 8 (組込み編)

あ~、

この記事がUPされているという事は、本日の「ミリブロ
忘年会」がまだ終わってないか、私が酔いつぶれている
かのどちらかですね。
忘年会の模様は次回、UPしますので、お待ちを・・・。


さてさて、
実際に取り付けてみますよぉ~。


Oリングのサイズは大、中、小と3つあり、大きければ締め
付けるテンションが弱く、HOPのかかりも弱くなります。
小さいものですと、締め付けのテンションが強くなり、HOP
のかかりも強くなります。強くなると言っても純正の金属の
パーツと違い、弾がパッキンをぬける時には、Oリング自体
が伸びるのでパッキンの逃げ場もあります。

私は中を使い調子が良かったのですが、皆さんにお使い
頂きレポートを頂くと問題も出てきました。大や中ですと弾
の保持が甘いためか、ブローバックの衝撃で弾が銃口から
「ぽろっ」、と落ちてくる事があったそうです。
レポートのなかで3つを同時に取り付けた方がいらっしゃり、
これが思いのほか調子がいいので今では私もこの方法で
取り付けています。


銃口側から

大、

中、

小、

の順で組むのですが、まず小で弾を保持し、中、大でゆるや
かな弾の抜けをうながす、といったところでしょうか?

1発も撃たない新品JAビューロにPDIの01インナーバレルを
組み、Oリングを大中小のセットで組み、弾はトイテックの
0.25を使いインドアで撃ってみました。
あたりがでるまでは、10m過ぎからやはり浮き上がっていった
のですが、数マガジン撃ちこんでいくと、18m先のジュースの
空き缶にほぼ全弾当たるようになりました。
PDIの01バレルとの相性はかなり良い感じです。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)企画・イベント

< 2007年12>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ