2007年09月22日

MEUフレームの不思議?

1番初めに、WAからMEUピストルが出た時のフレームが、
こちらなのですが、

トリガーがリアルサイズの大きなものになっているだけでなく、
ハウジングピンのちょっと上に、もう1本ピンが打ってあります。


こちらですね。

マガジンの挿入口に、飛び出たピンが確認できますでしょうか?
WAに確認したところ、これは「マガジンのガタ取り」のためだ
そうです。なるほど~!そう言えばモデルによってはマガジン
入れるとガタガタなものもありますもんね。


ところがですよ、

こちら、同じくWAのアーリーモデルなのですが、おなじくワイド
トリガー用のフレームなのですが、


こちらにはガタ取りのピンが打ってありません。

なんで、なのでしょうね?


そして、さらにこちらはJアーモリーのMEUなのですが、



また、ガタ取りのピンが復活しています。

性能的に良いと分かったものを継続していくのはわかるのですが、
無くなったり、また復活したりするのって、どうなのでしょうかね?
WAのやることだけに、WAかりませ~ん。





同じカテゴリー(MEU)の記事画像
ガバ ガバなスライドに
MEUのセフティに
MEUのバレルに
いまのMEU
いつかのMEU
MGC3点パーツ
同じカテゴリー(MEU)の記事
 ガバ ガバなスライドに (2007-09-21 00:01)
 MEUのセフティに (2007-09-19 00:01)
 MEUのバレルに (2007-09-18 00:01)
 いまのMEU (2007-09-16 00:01)
 いつかのMEU (2007-09-15 00:01)
 MGC3点パーツ (2007-09-14 00:01)

Posted by 子連れ狼  at 00:01 │Comments(3)MEU

この記事へのコメント
WAだけにWAかりませーん!同感です。メーカーとしての姿勢からして?ですし…
1911系を多数モデルアップしてくれていますが…
MEUフレームは開けてないから知りませんでしたわ(^_^;)ピンはコストダウンで無くなったのかな?JAで復活が謎ですねぇ〜
Posted by 工場長 at 2007年09月22日 08:38
はじめまして。
ブログは毎日楽しく拝見させて頂いております。

この穴の件については、おそらく金型の使いまわしが原因だと思います。
JAは、ご存じのとおり現在台湾で生産されております。これは、マグナテックシリーズを生産している工場と同じでなのですが、WAは新規の金型を起こす力はありません。そこで、Rタイプ時代のフレームの金型を直して使っているそうです。
JAの初期のシリーズや、初期のマグナテックのスライドの中を見るとローディングノズルガイドの跡が見えたり、トリガーがナローサイズだったりするのするのがそのためです。
おそらく、このピンも上記の流れと、日本と同等の工作精度を出せないからだと思います。
Posted by 係長 at 2007年09月22日 09:53
工場長さん、

WAのガバは気付かない細かいところで、チョコっとマイナーチェンジがあったりで、そんなところを見つけるのが楽しかったりします。


係長さん、

はじめまして。毎日見て頂いているのですか?ありがとうございます。なんだか、こっ恥ずかしいデス。
金型の使いまわしの話は聞いたことがあります。やっぱりそうなんですかね。
確かにマグナテックの作りの雑さは身にしみました。ほとんどパーツ取りになっています。
これからも、色んな情報を教えて下さいね、お願い致します~
Posted by 子連れ狼 at 2007年09月23日 00:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ