2007年05月30日

スライド形状(その4)

スライドが丈夫になったのはいいのですが、
少し問題があります。


こちら、今までのタイプのガンサイトのスライドです。

実銃ではやらないやり方ですが、このように後ろから
バレルアッシーを組み込むことが出来ます。

ロングリコイルスプリングガイドを組む時には、ガイドを先に組んで、
スプリングを縮じめておいて、こうして後ろからバレルを
入れますよね?(アウターを外さないと組めないかもしれませんが)


ところが、スライド内部が厚くなったことで、ナショナルマッチの場合

後ろからバレルを挿入する事が出来ません。


このように、

アウターバレルがスライドに乗ってしまうくらいスライドが厚いのです。





同じカテゴリー(ナショナルマッチ)の記事画像
カスタム 完成!
カスタム (内部パーツ)
カスタム (フレーム)
カスタム (スライド)
トリガー&トリガーガード
シャーシの形状
同じカテゴリー(ナショナルマッチ)の記事
 カスタム 完成! (2007-06-10 00:01)
 カスタム (内部パーツ) (2007-06-09 00:01)
 カスタム (フレーム) (2007-06-07 00:01)
 カスタム (スライド) (2007-06-06 00:01)
 トリガー&トリガーガード (2007-06-05 00:01)
 シャーシの形状 (2007-06-02 00:01)

Posted by 子連れ狼  at 00:01 │Comments(0)ナショナルマッチ

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ