2007年06月19日

シリンダー周り


シリンダー&ピストンです。通常、エアコッキングガンは(ボルト
アクションも含めて)どちらも円柱型をしているのですが、
ラーマ・オムニではピストンが矢のような形になっています。



この棒状の矢のピストンの形は、最近ではK.T.Wの38式類や
モシン・ナガンのピストンでも見られます。と、言うかこのモデル
以外でこんな形をしたピストンは見たことがありません。
(どなたか情報お持ちでしたら、教えて下さいね。)
K.T.Wの和智社長はこのラーマ・オムニのピストンをご存知で
38式やナガンを作られたのでしょうか?気になります~



コッキングをすると、ピストンの矢のでっぱりがフレームのブロック
の爪に引っかかりスプリングを圧縮したまま止まります。



トリガーを引くと、ハンマーが倒れブロックを叩くことによって
ブロックが前進し、爪から外れたピストンがリリースされます。


ブロックが前進したところです。

通常、コッキングガンはトリガーを「ぐぐぅ~」とひくことにより、
シアーが段々ピストンから外れ圧縮されたスプリングを開放
します。ところが、ラーマ・オムニはシアーでピストンを保持
するわけではなく、ハンマーはただピストンを引っ掛けている
ブロックを叩くだけなので、トリガーが非常にスムーズで、
変なネバリや段々トリガーが重くなる、なんて事はありません。

つまり、実銃やモデルガンと同じでハンマーはファイヤリングピン
(コクサイの場合はピストンを留めているブロック)を叩くライブ
となっております。
とても、珍しいシステムですが、
 
・普通   トリガー引く→シアー外れる→ピストン前進→発射 
       、の工程が

・オムニ  トリガー引く→ハンマー倒れる→ブロック叩く
       →ピストン前進→発射

と、なっているので発射まで若干のタイムラグが生じます。
一気にガスを放出するガスガンと違って、ピストンが前進する
分、トリガーを引いてから発射まではしっかりグリップしていないと
弾道に影響を与えそうです。





同じカテゴリー(ラーマ・オム二)の記事画像
バレルのHOP化(その2)
バレルのHOP化
給弾システム
バレル周り
スライド分解
分解方法(その2)
同じカテゴリー(ラーマ・オム二)の記事
 バレルのHOP化(その2) (2007-06-23 00:01)
 バレルのHOP化 (2007-06-22 00:01)
 給弾システム (2007-06-21 00:01)
 バレル周り (2007-06-20 00:01)
 スライド分解 (2007-06-18 00:01)
 分解方法(その2) (2007-06-17 00:01)

Posted by 子連れ狼  at 00:01 │Comments(2)ラーマ・オム二

この記事へのコメント
子連れ狼さん、初めまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。

私も古いエアコキが好きで、コクサイではシルバーのスーパーガバメントとSIG P220を所有しております。
分解まではしていませんので、バレルにセロテープが貼ってあったとは初耳でした。
最近ポイントのルガーP-08が無性に欲しくなり、オクで落札しました。パワーは弱いですが、作りは以上に良いエアコキガンでした。

これからもよろしくお願いいたします。
「ザ、シューター」楽しみですね。私はDVDが出てから観ますです。
Posted by ルイス ハミルトン at 2007年06月19日 11:49
ルイス ハミルトンさん、

いらっしゃいませ~、タッキさんのところではお世話になっております。そして、ハミルトン、祝優勝おめでとうございます!!

私はもともと、エアコキ時代からのサバイバルゲーマーですので、古いエアコキは懐かしさと共に大好きですね。
WAのガバのカスタムと、エアコキのカスタム(特にHOP化)を中心にやっていきますので、よろしくお願い致しますね。

週末、「ザ・シューター」行ってきま~す!
Posted by 子連れ狼 at 2007年06月19日 21:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ