2008年02月14日

エロエログリップ当選者発表!

さてさて、本日はバレンタインデー、

ひとりの方も、お二人の方も、どう過ごされますでしょうか?
ささやかではありますが、子連れから、プレゼントをご用意
いたしましたよぉ~♪


といっても、1名様だけなのですが・・・。
以前、募集しました「エロエログリップ」の当選者の発表です!

当選者の方はこちらです!
(画像をお送り頂いた、ご本人であればもうお分かりですね)
早ければ、本日の午前中には到着するかと思います。
おめでとうございました♪


とりあえず、

シルバーのガバに付けてみましたよ。


こちらは、

反対側です。



さてさて、
それではお楽しみ、お送り頂いた画像をフルサイズでご覧下さい。
これが皆さんへの、子連れからのせめてものプレゼントです。
下の画像をクリックして下さいね~♪
      ↓


ではでは、よいバレンタインデーをお過ごし下さい~  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(8)グリップ

2008年02月13日

Rタイプ 緊急避難所(実射編)

※前回に引き続き、今回も通常のブログとは関係ありません!
  タッキさんとの連絡用ですよぉ~♪




さてさて、

各パーツを組み込むと、フロントフェイスはこんな感じですよ。
ブッシング自体が旧型なので、スプリングの役目を果たし、
スライドに取り付けた時のガタはありません。そのブッシング
にすき間無く収まっているアウターバレルは、指で動かして
みても、まったく動かずガッチリと固定されています。

プラグは若干、スライドとのすき間があったので、テープを
巻いてスライドとのガタをなくしました。ロンリコのガイドの
先端もこの固定されたプラグによって、ガタなく微動だに
しません。

つまり、このスライド閉鎖状態において、インナーバレル、
アウターバレル、プラグ、リコイルスプリングガイド、が完全に
固定されているわけです。


削り出しのアウターバレルも、

ちょうど、ブッシングの厚さ分長く飛び出ていて、カッコいい
ですね。


このスライドを組み込むフレーム側は、

やはり、東京ミッションで使用した、シュアファイアー付きの
フレームになります。フレーム先端に、シュアファイアーが
付いている事によって、ABS製のフレーム先端が少し
内側にたわんでいます。


なので、

このフレームにスライドを装着すると、たわんで内側が狭くなった
フレームにスライドのダストカバー部分が固定されるので、
ここでも、スライドとフレームのガタはまったくありません。
キツキツなのは先端部分のみですので、ブローバックのスライド
が後退する動きの妨げにはなっていません。引っ掛かりなく
スムーズにスライドは引けます。
アキュコンプのようにネジ止めでインナーバレルが完全に固定
されている訳ではないですが、ノーマルの5インチのフレーム
でほぼ、同じように各部が固定されてはいます。
これが、実射で良い成果が出るといいのですが・・・。


それでは、

実射にはいりますよぉ~♪
ターゲットはWAのおまけで付いてきたターゲットです。


試射方法ですが、
 
 距 離       5m(室内)
 姿 勢       立射・両手保持(スタンドは使用せず)
 使用マガジン  15連マガジン(シルバーのバルブ)
 使用弾      KSC グランドチャンピオン弾(0.29g)
 狙 点       中央
 所要時間     1秒間に1発のペース

こんな感じで5発、撃ってみましたよ。


結果ですが、

ターゲットペーパーの紙の破れたところの端と端を測ったので
正確ではありませんが、38mmでした。
左右のバラつきはなく、縦にずれているのは射手の私がヘタ
クソなせいです。向かって左側にずれるのは、この銃のクセ
なのかなぁ~?


試しに、

同じ条件で、今度はイスの背もたれをスタンド代わりに両手を
固定して撃ってみました。

スッ、す、素晴らしい~~!
18mmですよ。これがちゃんとしたAPSターゲットとかだったら、
弾痕もちゃんと残り、もっといい成績だったはず。
やはり、左側によっているのをみると、この銃のクセのようで
すね。


ちなみにですね、

うちでは、税金対策?、カミさん対策?として、「鴨葱」さんの
APS-3をですね、お預かりしておりまして、この精密射撃に
特化した銃でも同じように、イスの背もたれをスタンド代わりに
両手を固定して撃ってみました。
ただし、給弾やコッキングが必要なため、1秒間に1発のペース
で撃つことは出来ませんが。


さて、

結果ですよ。ダット付きの精密射撃銃で5mから撃って、
24mmという結果になりました・・・。


どんなもんでしょう?
この結果から、バレル関係を固定することによって、弾の散ら
ばりをなくす効果(集弾性の向上)が出た、と言っていいで
しょうかね?
皆さんは、どのようにお考えになりますか?


ではでは~
以上、タッキさんへのご報告でした。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(8)カスタムパーツ

2008年02月12日

Rタイプ 緊急避難所

※今回はちょっと予定を変更しまして、通常のブログとは
  関係ありません!
  タッキさんとの連絡用です♪


タッキさん、各パーツ到着しました。ありがとうございます。

早速、組んでみましたよ。


まずは、削り出しのアウターバレルから。

ブッシングにも、色々種類がありまして、向かって左から、
一番古い70、JアーモリーMEU、最近の70、ウィルソン、です。


この中で、

1番ガタがなく、ぴったりだったのが、1番古いシリーズ70用
のブッシングでした。


どれくらいガタが無いかというと、

このように、逆さまにしても落ちないくらいぴったりです!


次に、ロンリコ用のガイドロッドです。

こちらも、ロンリコ用のプラグが沢山ありますね~。
左から、WAが昔出していた純正カスタムプラグ、最近の
バッファー付きロンリコ用のプラグ(黒、シルバー)、
ウィルソンハイキャパシティー(Rタイプの頃)のプラグ、
WA社以外の(どこだっけ?)ステンレス製のプラグです。


このように、

ロンリコのガイドロッドの先端が若干、太くなっているんですね。
これで、プラグとのガタをなくすわけですね。


1番ガタがなかったのは、

プラグにつばがない、ウィルソンハイキャパシティーのものでした。


ちなみに、

ステンレス製の社外品には太すぎて、通りませんでした・・・。


黒いアウターバレルに合わせて、

インナーバレルはPDI製のパルソナイトバレルです。HOPの
切り欠き部分も浅くて、HOPが強くかかり難くなっているので
お気に入りです。


もちろん、

HOP部分には、WAパッキン装着済みです。


チャンバーカバーも黒、

JアーモリーMEUの“NOWLIN”刻印のものです。


さて、

これらのパーツを組んでいくわけですね。


このバレルジョイントが、

アウターバレル内部にぴったりとフィットし、インナーバレルの
ガタをなくすわけですね。


通常であれば、

アウターバレルのくっ付いたチャンバーカバーはスプリング
の力で、引っ張ってもピョコピョコと戻るのですが、


バレルジョイントがあまりにもタイトなので、

そのままの状態で固まってしまいました。少し手で押して
やらないと、戻りません。このままでは作動不良では?と
思われるでしょうが、実際に組んでみると問題は無く、
快調に作動します。

実銃でもWAのガバメントでも、弾が発射されてから
ブローバックする、ディレードブローバックとなっていますが、
このバレルジョイントは、その抵抗でもって、弾が発射されて
からしばらくはチャンバーカバーの後退を阻む、ディレード
ショートリコイル、といったところでしょうか?


スライドは、

ABS製で軽量なJアーモリーのミルスペックのものを用意
しました。東京ミッションにて、MEUに組んでいたままで、
傷だらけのスライドです。


こちらは、

削り出しのファイアリング・ピン・プレートです。


WA純正のものと比べると、

薄くできています。


ブリーチに付けると、

こんな感じ。プレートが薄くなり、ダミーのファイアリングピンが
飛び出てリアルなのと、作動面ではプレートが薄い分ハンマー
がいっぱい倒れこんで、マガジンのバルブを叩きます。


これらのパーツを組んでみましたよ~。

肝心の実射性能(特に、各部のガタをなくしたことによる
集弾性の向上)は、次回です。


ではでは~
「実射編」はコチラです♪




  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(4)カスタムパーツ

2008年02月11日

アルタモント P230 グリップ取り付け注意点

さて、シルバーモデルにアルタモントの木グリを付けたくなった
方はいらっしゃいますでしょうか?そんな方に取り付けの注意点
をご紹介しますね。

P230はコンチネンタルマグキャッチなので、このような造りに
なっているのですが、

ハンマースプリングのテンションでもって、このように引っ掛か
っているだけなので、


マグキャッチの部分に下から力がかかると、

このように、上に上がってしまい、マガジンを入れてもがうまく
かからなくなってしまいます。


純正のグリップですと、

このようにリブ状の出っ張りがあり、これより上には上がらない
ようになっているのですが、


アルタモントは、

溝の形がこのようになっているので、マグキャッチが上に上が
ってしまうのですね。


これを防ぐには簡単で、

なんでもいいのですが、つっかえ棒をすればいいわけです。
私はWAのRタイプのガバの「ローディング・ノズル・ガイド」を
使いました。たまたま目についたので・・・。


こんな風に、

グリップの隙間に差し込むだけです。
これで、マグキャッチが上に上がらず、マガジンを確実にロック
します。

こんなエロえらそうに書いていますが、実はグリップ
を外した時に、このパーツが「ポロッ」と落ちてきて、「はて?
どこに使っていたのだろう?」と頭をかかえました。
これがない状態で組んでみたら、マガジンがうまくかからない
のでそれでやっと思い出したしだいです。自分で組んだのに
すっかりと忘れていました。こんな子連れですよぉ~、私は。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)グリップ

2008年02月10日

アルタモント P230 グリップ

さて、こちら、

P230SLに付けている、アルタモントの木製グリップですが、
この木目の美しさにヤラレました~。左右対称に近い木目の
流れがなんとも言えず、グッド!です。特に、指がかかるフィ
ンガーレストの部分がいいですねぇ~。
グリップも全く左右対称の木目だと(ブックマッチと言うらしい
のですが)値段も高くなるそうですね。
このアルタモントはたまたまこういった木目だったのですが、
私の所有する全てガンの木製グリップの中でも1番のお気に
入りです♪


裏側は、

実銃用なのか、エアガン用なのかは分かりませんが、
あれこれと、溝が彫ってあります。


ノーマルのグリップと比べると、

全体的に膨らんだ造りになっているのですが、フィンガー
レストの位置も若干上に上がり、私の手には握りやすく
なっています。


ところで、

シルバーモデルのSLは、このようにグリップスクリューを直接
フレームにねじ込むのですが、


新しいモデルのJPでは、

真鍮製のグリップナットがかましてあります。


なので、

グリップスクリューのネジの太さも違いますね。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(12)グリップ

2008年02月09日

コンパク党 シルバーモデル

私の好きな、コンパク党でシルバーモデルな、KSCのP230
SLですが、

シルバーモデルなので、各パーツやピン、ネジまでもシルバー
なのは当たり前まのですが、このP230SLでは、普段は見え
ない隠れたところまでが、シルバーのパーツを使用しています。


たとえば、こちら、

スライドキャッチがシルバー、


トリガーバーも、

シルバーです。


また、

テイクダウンラッチのかたまりや、


インパクトハンマー、



マガジンの、

リンクまでもが、シルバーなのには驚きました。
シルバー好きにはたまらないモデルですね。

WAのシルバーのガバだと、最近はシルバーモデルでも、
インナーのシャーシや、スライドのブリーチが黒のものが多く
自分でシルバーに換えたりしているので、このP230SLの
ような仕上げはありがたいです。  
タグ :SIGP230


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)P230

2008年02月08日

刑事物で大活躍! コンパク党

最近、TVドラマで、刑事物が続いております。
「ジョシデカ」、「SP」、「交渉人」、とかですね。
刑事物でも、きれいなおねーさんがでてくると、
(しかも主役だと)華がありますよね~。

アニメの「ガンスリンガー ガール」でも女の子が
銃を派手にブッ放しています。


そんな、最近の作品に出てくるのがこちら、

SIG P230SLと、P230JPになります。
どちらもKSCの製品ですね。KSCがメーカーとして初めて世に
出たのは93Rが最初ですが、MGC時代にすでに製品化され
ていますし、そういった意味では、このP230がメーカー新規と
しては最初の製品となります。

小さいくせに、スライドも「ビュン、ビュン!」快調に動きますし
刻印や加工跡のツールマークも入っていて、丁重な造りです。
JPが出てから、エンジンもセミハードキックになったようですが、
別に旧型のエンジンでも、作動は元気ですよ~。

KSC(メーカー)からJPが出る前にには、「バクレツパイナップル」
さんから、カスタムガンとして、JPが出ていました。
セフティーやランヤードリングがスティール製で(ロストワックス
か、削り出しかは忘れましたが)出来ていました。
出た当時は、「欲しい!」と思いましたが、カスタムガンなので
値段も結構高く、ずっと買えずにいました。
今ではKSCさんから、メーカー純正でお求め安く購入できるので
ありがたいですね。


そんなKSCさんですが、

P230にもスライドやフレームのあちこちに刻印がありますが、

こちら、

SLは、「ASGK」、


JPは、

「JASG」になっています。
いつの間にか、団体が変わっていたんですね。

コレ見て思ったんですけど、この団体、というのもユーザー
にとっては考え物ですよね。例えばAPSカップなどでは、
ASGKマークのガンが使えないので、大会で使用できる
銃が限られてしまいますよね。
もっとユーザーを増やし、誰でも気軽に参加できるようにする
ためには、団体、メーカー間の協力がもっと必要であると
思うこのごろです。
  
タグ :SIGP230


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)P230

2008年02月07日

カラシニコフ ウォッカ

チープAK47ではないのですが、探しているAK47があります。


それがこれ、

「カラシニコフ ウォッカ」です!
ほぼ、1/1スケールに近いガラスの瓶に、ウォッカが入って
います。
ドックタグ付きで、なんと木製のケース入り!という豪華さ!
カラシニコフさん、銃だけでなくウォッカまで造ってたんですね。
日本国内じゃ、入手は難しいでしょうかね?
どなたか情報お持ちの方がいらっしゃれば、教えて下さい!
うぅ~ん、空瓶だけでもいいから、「欲しい!」


ロシアにある、

ウォッカミュージアムの片隅にも、



展示されているようです・・・。
  
タグ :AK


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(14)チープガン

2008年02月06日

チープ AK47 (組立式) その4

組立て式AK、

いよいよ実射です。


コッキングレバーを、



コッキングして、

(これが、けっこうスプリングの力があり、引き辛いです)


トリガーを引けば、

発射となります。


この組立て式AK、

バレルがプラ製で、HOPもないので、HOPを組んでみました。


見にくいですけど、

分かりますかね?
使用したのは、WAのRタイプの頃のガバの「ホップ・アップ・
ラバー」です。ベレッタM92FSのパーフェクトバージョンと
共通のパーツですね。
インナーバレルとチャンバーパッキンの間に取り付けただけ
ですが、一応、HOPはかかるようになりましたよ。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)チープガン

2008年02月05日

チープ AK47 (組立式) その3

こちら、

組立て式AKのマガジンです。


マガジンは、

フォロアーが露出しているので、指で下げて給弾できます。


また、

フォロアーを1番下でロック出来るので、給弾も楽です。


マガジンの取り外し(取り付け)も、



マガジンキャッチがライブで、



実銃通りの取り外し(取り付け)になります。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)チープガン

2008年02月04日

チープ AK47 (組立式) その2

それでは、組立て式AKのフロント部分を組立てていきますよぉ~

レシーバーの先端はこのようになっていて、この穴の中に
チャンバーが入り込むような造りなっています。チラッとだけ
シリンダーのノズルが見えますが・・・


こちらが、

チャンバー部分ですね。ゴムのパッキンでBB弾とシリンダー
のノズルをくわえ込みます。インナーバレルはプラ製で、
HOPなどはありません。


フロント部分を差し込んだら、



こちらも、

レバーを「OFF」にして、ロックします。


リアサイトは、

プラ製ではありますが、


実銃通りに、

可動します。


しかも、

ちゃんと、板バネを使った可動です。

  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)チープガン

2008年02月03日

チープ AK47 (組立式)

中華製のチープなAK47をご紹介します。


このような、アタッシュケースに入っておりまして、



ケースを開けてみると・・・、

各パーツに分解されたAK47が収納されています。


説明書も付属しており、

表記も日本語で書かれております。


レシーバーの根本に、

このような穴が開いており、


ストック側は、

飛び出ています。


ストックを穴に差し込み、



フレーム側にあるレバーを「OFF」にすると、

ストックがロックされ、抜けなくなります。


  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(8)チープガン

2008年02月02日

チープ AK (水鉄砲)

さんじさんから、ありがたくチープでコンパク党なAK47を
頂きましたが、私の所有するチープAKもご紹介しましょう。


こちらなのですが、



珍しい、

水鉄砲タイプのAK47です。


ここのキャップを、



外して、

水を入れます。


後は、

トリガーを引けば、


水が発射されるのですが、

ちょっとしたギミックもあり、


マガジンの部分に、

トリガーに連動した、ゼンマイ仕掛けのドラムがあり、
トリガーを引くと、「ガラ、ガラ、ガラァ~~!!」と、
音がします。  
タグ :チープガン


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)チープガン

2008年02月01日

チープ AK47(実射編)

では、実際に撃ってみましょう!本当に弾が出るんでしょうか?


モデルは、

「メルちゃん」のお友達の「メルちゃんのおともだち」です♪
家にも、じょでぃーさんみたいに1/6ドールの草薙素子とか
いればいいのですが、私は持っていないので、うちの子の
お人形です。
あ、一応うちの子は、おとこの子なのですが、なぜかお人形
さんゴッコが好きみたいです。人並みに戦隊ものとか、仮面
ライダーとかも好きなのですが、寝る時は、この「メルちゃんの
おともだち」といっしょに寝ています。
私としては、ノーマルに育ってくれる事を祈るのみですが・・・。


そんな、

うちの子に持たせても、こんなに小さいです。


6mmBB弾と比べてみました。

3mmくらいですかね?


さらに、

AK47のダミーカートがなかったので、モシン・ナガンの
ダミーカートと共に・・・。
「7.62mm×54R」で、ドラグノフもこの弾薬を使用しています。


さて、実射です。

レシーバーの横にあるコッキングレバーを、


引きます。

そして、レシーバーの真上にある穴から、弾を装填します。



トリガーを引くと弾が発射されます!
スゴイ!ほんとに弾が出ました~!
小さいとは言え、細かい所のモールドも良く出来ています。
私のAKコレクションがまた1つ増えました。
あらためて、さんじさん、ありがとうございます!!

いやぁ~、でもこのチープAKをサイドアームにして、
サバゲで使ってみたいです。
後ろをとって、至近距離で撃ったとしら、撃たれた銃が
こんなチープAKだと知ったら、敵さん、泣くでしょうね・・・。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(5)チープガン

2008年01月31日

チープ AK47(組立て編)

では、プロフェッショナルガンコレクションを組み立てて
いきますよぉ~

これで、全てのパーツになります。



ストックを差し込み、



マガジンを付けて、



フォアグリップを取り付けます。



バレルを差し込めば、



完成です!!

この大きさで、弾が出るので、驚きです~!


※「エロエログリップ」のデザイン(画像)募集は終了しました!
 詳しくは、こちらです♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(8)チープガン

2008年01月30日

さんじさんからの贈り物

あ~~、
ほんとうならば、KSCのSIG P230を特集するはずでしたが、
予定を変更して、「チープ AK」の特集をお送りします。
と、言いますのは・・・、


先日、いつもコメントを下さる「さんじのハンドガン」
「さんじ」さんから、うれしいプレゼントを頂いたからです♪
さんじさん、ありがとうございます!


こちら、

カプセルトイで、「プロフェッショナル ガンコレクション」になります。
もう「5」ということは、もうすでに色んな機種が出ているんですね。
サイズ的にはどんなもんなんでしょう?何/何スケールなんで
しょうかね?


今回、

プレゼントといっしょに、お手紙も同封されていました。
こういった、ちょっとした心遣いがうれしいですね。


こんなにかわいい大きさです。

私の好きなAKを組み立てていきますよぉ~


※「エロエログリップ」のデザイン(画像)募集は終了しました!
 詳しくは、こちらです♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)チープガン

2008年01月29日

skypeで音声チャットしませんか?

皆さんこんばんは~。

ちょっと、お聞きしますが、皆さんはチャットとかおやりに
なった事とかありますでしょうか?
私は今までチャットといえば、msnのメッセンジャーくらいしか
やったことがなく、あんまり利用したこともありませんでした。
(キーボード打つのも遅いですしね)

昨年からですね、普段よくお世話になっている、
「Rタイプを徹底解剖・徹底攻略」の「タッキ」さんのHPの
掲示板をもっとリアルタイムで、ということで、「Yahoo!
メッセンジャー」にて、タッキさんや、掲示板の方々とチャット
をしておりました。

掲示板やBBSと違い、分からない質問があってもすぐに
返事が返ってきますし、画像なんかも送れるので大変
便利ですね。チャットやりだすと、けっこうはまってしまい、
夜中過ぎまでやっていましたね。


ところが、もっとスゴイものがあるのですね!
タッキさんのHPでも紹介されていますが、こちらのskypeです!

PCにダウンロードすることによって、なんと!無料で通話
楽しめます!


先週末、

仕事の帰りに、某家電量販店で、980円!でしたので買って
きました。
そんで、早速、その日の夜にタッキさんと生チャットで通話しま
したよ。このskypeのすごいところは、無料通話だけでなく、
1度に数人と同時に会話が出来ることで、実際にタッキさん
を含め、合計4人で音声チャットで会話をしました。

また、音声チャットをしながらキーボードによる普通のチャット
も同時にできるので、あちこちのHPや情報のリンクなどを
貼り付けるなど、音声でうまく言いにくいことなどは、今までの
チャットで交信ができるので便利ですね。
また、送信にちょっと時間がかかりますが、画像を送ることも
できます。


このように、

ヘッドホンにマイクが付いているだけですが、音質も非常に
クリアでとても1,000円もしないで買ったものとは思われ
ません。まだ、始めたばかりで使い慣れていないので、
あれこれと試行錯誤しながら、タッキさん達と通話してたら、
朝方になっていました・・・。

まあ、ほんとに機能が多いので、使いこなすには実際に
使ってみないと覚えませんね。カメラがあれば、ビデオ
チャットもできるみたいですしね。
ちなみに、私のskype名は「子連れ狼Rタイプ」です。
検索してみて下さいね。そんで、お話しましょう!なんせ、
いくら話してもただ(無料)ですから。

たとえば、
ちーちゃんさんだったら、WAのガバで分からない
ことがあれば、メールなどで通信するよりは、音声の方が
分かりやすくご説明できますし、
じょでぃーさんだったら、音声によるエロチャットなんかも
可能ですね♪

PCの前に居ないこともありますが、夜はだいたいPCの
電源も入っていますので、お気軽に電話して下さいね~

ではでは~


※「エロエログリップ」のデザイン(画像)募集は終了しました!
 詳しくは、こちらです♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(10)コラム

2008年01月28日

マカロフMP ホルスター

こちら、

マカロフの実銃用のホルスターになります。


表面が、ツルツル、テカテカの仕上げですが、

一応、革製のホルスターです。
御徒町の「中田商店」さんとかだと、1,500円くらいで購入
できます。せっかくホルスターがこんなに安いのに、それに
入れる本体が全然モデルUPされないのは、寂しいかぎり
ですね。


裏側は、

ベルトループがあり、ベルトに装着できます。
あ、ソ連軍のベルトも「中田商店」さんにありましたね。


ここは、

クリーニングロッドかなにかを差すんでしょうかね?


フタの裏側に、

刻印がありますが、この番号とか見ただけで、どこのどの
モデルだ、とか分かるマニアの方とか、いるんでしょうね。


マグポーチも、

備えてあるのですが、さすがにトイガンのマガジンだと、
入りませんでした。(でも、予備マグとかないのでいいのかな?)


本体はこんな感じで、

抵抗無く、きれいに収まります。


ちなみに、

こんな銃も収納可能ですよ。
次回からは、この銃の特集にしましょうかね?コンパク党だし。


※「エロエログリップ」のデザイン(画像)募集は終了しました!
 詳しくは、こちらです♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(4)ホルスター

2008年01月27日

マカロフMP 実銃グリップ

こちら、

頑住吉さん製作「マカロフMP」と、実銃のマカロフのグリップ
です。ガレージキットでは、グリップ側面の形状を実銃から
型取りしています。


こうやって、

角度をかえてみると、きり欠き具合とかが違いますね。


内部の、

リブの感じも違っています。

始め、この実銃のグリップを付けようとしたのですが、かなり
削りこまないと装着出来ないことが判明、そのままになって
いました。
マルシンのガスガンベースのマカロフには付くかな~と思い、
製作をお願いしている、「虚空弾道」さんに新年会の時に
お渡ししました。
はたして・・・?


※「エロエログリップ」のデザイン(画像)募集は終了しました!
 詳しくは、こちらです♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(4)グリップ

2008年01月26日

マカロフMP マガジン

頑住吉さん製作、「マカロフMP」のマガジンですが、

ベースのアカデミーPPK/Sのマガジンをもとに、マガジン
ベースがマカロフ用に新造されています。
装弾数は18発です。


マカロフは、

コンチネンタルマグキャッチなので、マグキャッチはここに
あります。


このレバーを引くと、



マガジンが出てきます。

ベースのアカデミーのマグキャッチはスプリングのテンションで
留まっている、クリックストップだったのですが、このモデルでは
マグキャッチもライブですよ~


※「エロエログリップ」のデザイン(画像)募集は終了しました!
 詳しくは、こちらです♪  
タグ :マカロフ


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(6)マカロフ(エアコキ)

< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ