2008年01月15日

子連れ流 収納BOX

あ~、さて、
GUN本体などは、箱に入れたまま保管や、本棚やガラス
ケースの空いたところなどに飾ったりしているのですが、
予備のパーツやカスタムパーツ(もしくは組み替えて残った
純正パーツ)などの保管は、皆さんどのようにされていますか?
好きな銃ほど、パーツの量も多いんじゃないでしょうか。


こちら、

どこにでもある、普通の3段BOXなのですが、


1番上のBOXを開けてみると・・・、



「ジャジャァ~ン!」

全て、ガスガンのマガジンになります。
これ見て、どれがどの銃のマガジンかわかったら、かなりの
通ですね。銃ごとにマガジンを保管するのもいいのですが、
予備マグとかもあり、撃つたびにいちいち箱から出すのも
めんどうなので、一括してまとめてあります。

この、“まとめて保管”にはもうひとつ理由があります。
画像ではわからないと思いますが、マガジンの下に、BOXと
同じ大きさのアルミの板が敷いてあり、その板裏には小動物
用(ハムスターなど)の電気ヒーターが貼り付けてあります。
コードをコンセントに差し込むだけで、ヒーターが暖まります。
小動物用なので、そんなに高温にはならないのですが、
アルミの板を触ると、ほんのりと温かいです。
もうお分かりですね?冬場などガスガンのマガジンはかなり
冷たく、適度に暖めないと生ガスを吹いたり、発射できない
ので、ヒーターによってある程度冷たくならないようにしている
訳です。


さて、2段めはというと・・・、



チャック付きの透明なビニールのパックが入っています。



このように、

機種ごとにラベルを付けて、そのモデルのパーツを保管して
います。


これは、

KSCのクーガー、


これは、

タナカのSIGシリーズですね。

「アンクル新宿店」さん、というショップがありまして、モデル
ガンやエアガンの中古品なども販売しています。程度のいい
ものは綺麗に箱に入って売られているのですが、なかには
箱なしの本体のみのモデルもあります。
お店に入ると、正面に箱が置いてあって、そのなかに透明な
ビニールのパックに入った中古のGUNがいくつもあります。
この、アンクルさんの中古GUNをまねて、パーツを収納して
います。


1番下の段も、



やはり、同じように機種ごとにパーツをまとめてあります。

透明で中身が確認できますし、チャックが付いているので、
小さなパーツをなくす心配もありません。
そしてなによりも、100円ショップなどで、手軽に入手
できるので、この収納方法はお勧めです~♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(9)秘密の部屋

< 2008年01>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ