2007年12月30日

“銀黒 SW1911SC ガンサイト” その2

さてさて、
外見上のカスタムですが、

S&Wのガバメントはエキストラクターが外部露出型になって
います。モールドですが、WAでもこれは再現されています。
実銃ではエキストラクターを止めるピンの部分もモールドに
なっています。


なので、

実際にピンを打ち込みました。


このような、

割りピン(ロールピン)を打ち込みました。
そのままでは長すぎてブリーチに干渉してしまうので、だいたい
半分くらいの長さに切断してあります。
どうでしょうか?アクセントになっていますかね?


そのほかですが、

タナカの「スタンダード」や「チャンピオン」を手にした後ならば
可愛く見えるのですが、スライドとフレームのレールに若干
隙間がありました。
なので、この隙間を埋めたいと思います。


使用するのはこちら、

インナーバレルやマガジンのバルブなどが入っていたカスタム
パーツの透明なパッケージです。


これを、

スライドのレールの溝と同じ幅になるようにカットして、


透明なんで、分かりづらいかもしれませんが、

スライドのレールの後部先端に、瞬間接着剤で取り付けます。


こうすると、

スライドとフレームのガタはなくなりました。
今回は片側だけでOKでしたね。古いモデルだと、もっと隙間が
あるかもしれないので、両側に必要かもしれませんね。

内部のカスタムはコチラです♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(0)SW1911

< 2007年12>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ