2007年10月29日

SURE FIRE 3P

さて、今回から私の所有している「SURE FIRE 」のモデルを
ご紹介したいと思います。

私は小学校の3年生の頃からキャンプに行っていた(連れて
行かれた?)ので、キャンプで使うナイフはもちろん、ホワイト
ガソリンを使うストーブやランタンにも興味がありました。サバ
ゲやTOYガンから離れていた高校の頃は、お小遣いやバイト
代を、全部キャンプ用品につぎ込んでいたくらいです。

そんなキャンプ用品のなかでも欠かせないのが、「懐中電灯」
です。夜、テントの中で荷物を整理したり、トイレに行ったり、
肝試しをしたり、と重要なアイテムです。
単一電池を何本も使う大きなものや、マグライト、ヘッドランプ
など、色々使っていました。
あるとき、アウトドアの雑誌を見ていたら、なんでもとんでもな
いライトがあるそうな。“その光源は直視できないほど眩しく、
しかもその光がどこまでも真っ直ぐ直進する”その性能にも
驚きましたが、それよりも驚いたのが価格です。

「ライトなのに1万円以上もする!?」

どんなに高性能でも、1万円あれば他のキャンプ用品が買え
るしなぁ~、というのが当時のホンネです。
また、どこにでも売っているわけではなく、現物を見る機会も
ほとんどありませんでした。
て、な訳で自分の中で次第に大きくなっていく、SURE FIRE
への妄想とあこがれ。

それから数年後・・・、
ついに初めての「SURE FIRE 」を入手致しました。
それが、こちら、

「SURE FIRE 3P」です。
初期のモデルなので、会社は現SUREFIRE LLCではなく、
Laser Products社としてのモデルです。
(当時、付き合っていた彼女さんからのXマスプレゼント、
というのはナイショです)

まぁ、もう15年くらいは経っているでしょうから、時効ですかね?
よく、別れると、“付き合っていた人から貰ったものは処分する”
なんて話を聞きますが、私にはもったいなくってできません。
特に、こういった実用品の場合には。
色々な出会いと別れがあることによって今の自分があるわけで、
過去を消し去る事などできません。いい想い出もわるい想い出も
全部ひっくるめて、ただただ、感謝です。


んん~、話がそれましたが、

箱を開けるとこんな感じで収まっています。
3Vのリチウム電池を1個だけ使う、コンパクトなモデルです。
ちっちゃい分、値段も安く、確か1万円はしなかったハズです。



今はヘッドが現行の六角のものを付けていますが、
本当は旧型のヘッドが付いています。  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(2)SUREFIRE

< 2007年10>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ