2007年05月04日

「フェイス・オフ」グリップ

あぁ~、世間様はゴールデンウィークで連休みたいですが、
そんなことは関係なく、仕事です。
「GWなんて偽りです。お偉方さんにはわからんのですよ」

てなことで、今週はゴールデンウィークならぬ、
グリップウィーク(GW)の始まりです。


もともとのグリップはWAのデラックスモデルに付属していた
AJAXのブラックパールグリップです。
パールのうねりが1つ1つ違うので、まさに世界に1つだけの
グリップですね。



裏は表のようにツヤはないですが、それでもうねうねとうねって
います。アンビセフティー用の溝はなかったので、削って付けました。


こちら、サンコーさん撮影の実際に映画で使われたV12の
画像です。本物は真っ黒なグリップにゴールドのレリーフが
埋め込まれているように見えますが。

これと同じように再現するのは難しいので「黒いグリップ」と
「登り龍」というところをなんとか表現してみたいと思いました。


東急ハンズなどの携帯電話グッズのコーナーにあるのがコレ、

転写式のシールです。
龍だけでなく鳳凰や風神雷神なんかもあり、「左右」であるので、
このようにグリップに使うにはもってこいです。
画像だと分かりにくいですが、かなりデコボコしていて立体感が
あります。
硬質でつるつるした面用なので、表面がつるつるで光沢のある
パールグリップにはまさにドンピシャですね。
もともとのネタはプロップガン・ガンエフェクト製作などをなさる、
栩野幸知氏のHPにあった製作記からアイデアを頂戴いたしました。


このままでもいいのでしょうが、

クリアーのスプレーでは皮膜が薄いと思い、シールが剥がれて
こないように、グリップ表面をコーティングしました。
透明なエポキシ樹脂で、A剤とB剤をまぜると硬化します。
「Ⅱ」と、書いてあるだけあって、耐候性に富んでおり黄変などの
変色がほとんどありません。

他にも使い道があり、「ルミノーバ」などの蓄光材をサイトに塗る時
も、このエポキシ樹脂と混ぜることで粘土状になり、垂れ難く、立体的
なこんもりとしたルミノーバサイトに仕上がります。

「クリスタルレジン Ⅱ」も「ルミノーバ」も東急ハンズで入手できます。


出来上がり~

どうでしょうか?個人的には真っ黒なグリップよりもパールグリップ
の方がかえって、「黒雲を登る龍」的な感じがして赴きがあると
思うのですが・・・  


Posted by 子連れ狼  at 00:01Comments(8)グリップ

< 2007年05>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ